香川県教育委員会 > 計画・統計 > 県教育委員会の計画等 > 教職員関係 > 女性活躍推進法に基づく香川県教育委員会特定事業主行動計画

ページID:15028

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

女性活躍推進法に基づく香川県教育委員会特定事業主行動計画

女性活躍推進法に基づく特定事業主行動計画

女性活躍推進法に基づく特定事業主行動計画を策定しました

平成27年8月に制定された「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」により、国及び地方公共団体等に策定が義務付けられている特定事業主行動計画を策定しました。

本県教育委員会では、これまでも女性職員の管理職等への登用や仕事と子育ての両立支援に積極的に取り組んできましたが、これまでの取組みをさらに一歩進め、職員一人ひとりが個性や能力を十分に発揮できる「女性教職員が一層輝く教育現場」を目指します。

1 計画の名称

女性活躍推進法に基づく香川県教育委員会特定事業主行動計画2021

~女性教職員が一層輝く教育現場を目指して~

2 計画期間

令和3年度~令和7年度までの5年間

女性活躍推進法は10年間の時限立法であり、本計画は後期計画としての位置付け

3 計画の対象

県教育委員会事務局及び教育機関(県立学校を含む)の教職員

並びに市町立学校の県費負担教職員

4 計画の目標

女性管理職の比率

令和7年度末 25%(行政職等における女性管理職の割合18% 校長における女性職員の割合20% 副校長・教頭における女性職員の割合30%)

5 具体的な取組み

  • (1)女性に対する職業生活における機会の提供の取組み
    女性職員が、教育行政や教育現場で活躍できるよう、キャリア形成の支援、配属や管理職等への登用、研修などを推進
    • 女性向け採用広報活動の強化
    • 人材育成を意識した人事配置
    • 管理職当への積極的な登用
  • (2)職業生活と家庭生活との両立に資する職場環境の整備の取組み
    女性職員の活躍推進に当たり、男女を問わず全ての職員が働きやすい職場環境を整備するとともに、仕事と家庭の両立支援を推進
    • 事業・業務の見直しと働き方改革
    • 男性職員が家庭生活へ参加しながら活躍できる職場環境の整備
    • 育児休業職員への支援
    • 職場研修の実施

6 その他

庁内イントラネットで職員に周知するほか、県教育委員会のホームページで公開

数値目標の達成状況や計画に掲載したデータは、毎年度、集計・検証して公表

総務課のトップページに戻る

このページに関するお問い合わせ