ホーム > 組織から探す > くらし安全安心課 > 犯罪被害者等への支援 > 香川県犯罪被害者等支援条例を制定しました

ページID:21616

公開日:2021年4月1日

ここから本文です。

「香川県犯罪被害者等支援条例」が制定されました

 犯罪被害者やその家族又は遺族の方々については、犯罪の被害を受けることによって、身体や財産のみならず、精神的にも様々な困難が生じることも多く、適切な支援が必要です。
 香川県では、犯罪被害者等支援を総合的かつ計画的に推進することにより、犯罪被害者等が受けた被害の回復及び軽減を図り、もって犯罪被害者等が再び平穏な生活を営むことができる社会を実現することを目的として、香川県犯罪被害者等支援条例(以下「条例」とします。)を制定し、令和3年4月1日に施行されました。
 条例に基づき、次の犯罪被害者等に対する具体的な支援施策を新たに実施しています。
〇法律相談・心理カウンセリングに関する相談体制の拡充
 かがわ被害者支援センターが、これまで、それぞれ、月2回実施していた定期の法律相談・心理カウンセリングに加えて、犯罪被害者等のニーズに柔軟に対応できるよう、随時、相談を受付できる体制にしました。
〇見舞金給付制度
 国の犯罪被害給付制度の実情等や犯罪被害者や民間支援団体などのご意見を踏まえて、見舞金給付制度を新たに導入し、「遺族見舞金」として、犯罪被害者が死亡した場合に遺族に対して50万円を、「重傷病見舞金」として、犯罪被害者が負傷し、療養を要する期間が1か月以上かつ通算3日以上の入院を要すると医師に診断された場合に、犯罪被害者本人に対して20万円を給付します。
〇再提訴費用助成制度
 犯罪被害者等から加害者に対する民事上の損害賠償請求は、加害者から十分な賠償を受けられていない事例もあり、時効により、本来償うべき加害者に対する賠償責任の追及をあきらめてしまうことがないよう、時効更新のための再提訴費用の助成(上限額32万円)を新たに実施します。
〇「犯罪被害を考える週間」による広報啓発
 県民の犯罪被害者等支援に対する理解を深めるため、警察庁の定める「犯罪被害者週間」(11月25日~12月1日)に合わせて、新たに、県独自の「犯罪被害を考える週間」(11月25日~12月1日)を定め、期間中に犯罪被害者等支援に関するパネル展を実施するなど、広報啓発を集中的に行います。
 また、条例第9条に基づき、犯罪被害者等支援を総合的かつ計画的に推進するため、犯罪被害者等に対する具体的な支援施策を体系的に整理し、本年4月からの条例施行に合わせて、香川県犯罪被害者等支援に関する指針を策定しました。
 
 ● 香川県犯罪被害者等支援条例(PDF:215KB)
 ● 香川県犯罪被害者等支援条例制定チラシ(PDF:541KB)
 ● 香川県犯罪被害者等支援に関する指針(PDF:859KB)
 ● 香川県犯罪被害者等見舞金給付について(PDF:72KB)
 ● 香川県犯罪被害者等再提訴費用助成金交付について(PDF:78KB)
 ● 香川県犯罪被害者等支援条例チラシ(PDF:1,696KB)
 ● 香川県犯罪被害者等支援条例ポスター(PDF:2,505KB)
 

このページに関するお問い合わせ

危機管理総局くらし安全安心課

電話:087-832-3233

FAX:087-806-0244