ページID:12219

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

自分で試してみよう

農業をしたい

自分で試してみよう

この「面談経営計画作成支援システム」は、香川県が作成した作物別経営指標を基礎データとして、実際に栽培面積に換算するシステムです。
自分の営農プランに合わせた、農業経営の仮想体験(シュミレーション)をすることで、作物別の旬別労働時間や収益性を把握することが目的です。それによって、必要な資金、労働力等さまざまな問題が把握できます。
例えば、労働力の問題から考える場合、旬別労働時間を把握できることによって、家族内で労働力を供給できるかどうか、短期雇用を導入すれば経営可能かなど、パソコン上で自分に合った営農情報を収集できます。何度も繰り返して、さまざまな営農モデルを修正しながら問題点を明らかにできます。
(経営指標基礎データは、地域の概略的な数値であり、実際には地理的条件、栽培方法、経営規模、技術水準等で大きく異なるので、あくまで目安の数値とお考えください)

システム出力例(プロ果樹農家の営農モデル例)

営農シミュレーションを試されたい方はこちら

このページに関するお問い合わせ