本文へジャンプ
化学分析に関する相談窓口
  当センターでは、企業の研究開発支援だけでなく、異物分析や材質調査等の化学分析も行っています。依頼内容は、混入異物の特定や調達した材料の成分が規格通りであるかの分析など、有機物、無機物を問わず様々です。これらの分析に当たっては迅速かつ正確さが常に求められています。
 信頼性の高い分析技術や材料評価は、ものづくりの根幹を支えるものであることから、当センターにおいては、平成24年度から産業技術連携推進会議
「知的基盤部会分析分科会」の共同分析に参画し、他県の公設試験研究機関や国立研究開発法人産業技術総合研究所との協力体制のもとに、化学分析に係わる共通の課題について情報交換や研究に取り組み、分析技術の向上を目指しています。
 毎年異なる物質がテーマとなる共同分析では「無機分析」と「材料評価」の2項目を行っており、分析分科会からは良好な分析結果であるという認定を受けております。
 今年度は無機分析ではベントナイトの成分分析、材料評価では炭酸カルシウム粒子の粒径分析に取り組んでいるところです。
 
※産業技術連携推進会議・・・公設試と国立研究開発法人産業技術総合研究所との連携を通して、我が国の産業の発展に貢献することを目的とする組織


     ○各種分析機器を用いた分析・評価
主な分析機器の写真 分析・評価風景の写真
電界放出型分析走査電子顕微鏡による分析・評価 原子吸光分析装置による分析・評価

     ○主な分析機器
主な分析機器の写真

     ○産業技術連携推進会議「知的基盤部会分析分科会」より、良好な分析結果であったことの認定を受けました!
主な分析機器の写真 分析・評価風景の写真
認定証(無機分析) 認定証(材料評価)

       (参考)産技連 知的基盤部会分析分科会HP https://www.nmij.jp/~collab/bb_kai/


  今後とも、更なる分析技術の向上に努めて参ります。
  化学分析に関するお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

 【問い合わせ先】
   生産技術部門 中原、材料技術部門 藤澤
    TEL:087-881-3175、FAX. 087-881-0425
    E‐MAIL:desk@itc.pref.kagawa.jp


戻る