ホーム > 組織から探す > 地域活力推進課 > 移住 > 令和2年度の移住者数・移住相談件数がまとまりました

ページID:1468

公開日:2021年6月11日

ここから本文です。

令和2年度の移住者数・移住相談件数がまとまりました

令和2年度の移住者数・移住相談件数がまとまりました。

移住者数:2,721人、移住相談件数:4,489件

移住者(世帯)数は、市町で転入手続きの際に実施している任意のアンケートなどの結果を各市町からの報告に基づき集計したものです。なお、集計に当たっては進学や転勤等による一時的な転入を除いています。

移住相談件数は、市町からの報告、県における移住・交流コーディネーター等の相談対応件数を集計したものです。

移住・交流コーディネーターは、県が東京・大阪事務所等に配置し、移住等に関する相談対応を行っています。

1.移住者数等~移住者数及び移住世帯数は過去最多、移住相談件数は減少~

移住者数は2,721人、移住世帯数は1,848世帯、移住相談件数は4,489件となり、各市町から報告を取り始めた平成26年度以降、移住者数及び移住世帯数は、過去7年間を通して最多となっているが、移住相談件数は初めて減少している。

2.移住前の住所地~中国・四国地方や近畿地方からの移住者が多い傾向~

移住前の住所地は、中国・四国地方が932人(うち四国地方569人)と最も多く、次いで、近畿地方の682人、関東地方の611人などとなっている。

3.年齢構成~若者・子育て世代が多い傾向~

年齢層別では、20歳代が887人と最も多く、30歳代(529人)が続く。この年齢層で全移住者の過半数を占めており、若者・子育て世代が多い傾向にある。

ダウンロード

令和2年度の移住者数・移住相談件数について(PDF:129KB)

このページに関するお問い合わせ

政策部地域活力推進課

電話:087-832-3125

FAX:087-831-1165