ホーム > 組織から探す > 健康福祉総務課 > 福祉のまちづくり > ヘルプマーク・ヘルプカードについて

ページID:3419

公開日:2018年5月11日

ここから本文です。

ヘルプマーク・ヘルプカードについて

helpmarkヘルプマーク

「ヘルプマーク」について

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方が、周囲の方から援助や配慮を受けやすくなるよう身につける「ヘルプマーク」を、香川県においても無償配付しています。

1.ヘルプマークとは

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方が、周囲の方に配慮を必要とすることを知らせることで、援助を得やすくなるよう東京都が作成したマークで、平成29年7月にJISに登録認証され、全国共通マークとなりました。

2.配付対象者

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または、妊娠初期の方など、配慮や支援を必要としていることが外見からは分からない方

3.配付窓口

(県)健康福祉総務課、小豆総合事務所、各保健福祉事務所、障害福祉相談所
(市町)各市町障害福祉担当課ほか(別紙窓口一覧参照)

4.配付条件

  • 利用者お一人につき1個を無償で配付します。
  • 配付にあたり、お住まいの市町、配付理由等をおうかがいします。(障害種別及び等級、病名等による条件はありません。)
  • ご家族や支援者等の代理による受け取りも可能です。
  • 郵送による配付は行いません。ただし、来所による受け取りが困難な場合は、お申し出ください。

5.県民のみなさまにお願いしたい「思いやりのある行動」

  • 電車・バスの中で、ヘルプマークの利用者を見かけたら、席をお譲りください。
  • 駅や商業施設等で、困っているヘルプマークの利用者を見かけたら、声をかける等の配慮をお願いします。
  • 災害時は、ヘルプマークの利用者が安全に避難するための支援をお願いします。

動画は、東京都福祉保健局提供

「ヘルプカード」について

緊急連絡先や必要な支援内容などが記載された、ヘルプカードは、障害のある方などが災害時や日常生活の中など支援が必要な場面において、「困っていること」「手助けが欲しいこと」を周囲に伝え、援助や配慮を受けやすくするためのものです。

もし、ヘルプカードをお持ちの方が困っている様子であれば、進んでお声がけいただき、ご本人に聞いたり、ヘルプカードに記載されている内容を確認したりしながら、支援をお願いします。

また、香川県版のヘルプカードを作成しましたので、必要とされる方は、下記ヘルプカード(様式)からダウンロードし、印刷してご利用ください。

ダウンロード

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康福祉総務課

電話:087-832-3280

FAX:087-806-0209