白黒ボタン

ユニバーサルデザインは一人ひとりの心から

障害者用駐車スペースに何の不自由もない人が駐車しようとしているところを子どもたちに指摘されているイラスト

ベビー用バギーを押しているお父さんが、階段の前で困っているところを女性の方が手を差し伸べているイラスト

みんなが暮らしやすい社会を創るために、みんなが使いやすい施設を整備することは重要です。でも、一番大切なことはお互いを思いやる心です。

今自分が使えるものは、すべての人が使えるものとは限りません。何げなく使っている階段や電気のスイッチが、お年寄りや子どもには使いにくいものになっているかもしれません。またせっかく整備した施設も、身勝手な行動で利用できなかったり壊されたりすることがあります。

施設のユニバーサルデザイン化が十分でなくても、困っている人に声をかけたり手助けすることで、それを補うことができます。自分にできることから、「ユニバーサルデザイン」を始めてみてください。

自転車が誘導ブロック上に駐輪されているため、弱視の方の歩行障害になって困っているイラスト

身のまわりのものを確認してみよう!

できることから始めよう!

トップページへ

Copyright (C) kagawa prefecture 2006. All rights reserved.