ホーム > 組織から探す > 農業経営課 > 作物の栽培技術・経営情報 > 牛ふん堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生に係る注意喚起について

ページID:12275

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

牛ふん堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生に係る注意喚起について

「牛等の排せつ物に由来する堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生への対応について」の一部改正について

除草剤の一種であるクロピラリドが残留した輸入粗飼料を給与された牛のふん尿を原料とした堆肥が原因と疑われる野菜や花きなど園芸作物等の生育障害については、平成17年に複数の事例の発生が見られ、クロピラリドによる園芸作物等の生育障害を未然に防ぐ取組の実施についての通知「牛等の排せつ物に由来する堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生への対応について」が発出されています。
このたび、農林水産省から一部改正の通知がありましたのでお知らせします。
堆肥製造者など関係の皆様につきましては、下記の通知に基づき適切な対応をお願いいたします。

参考

飼料及び堆肥に残留する除草剤(クロピラリド)の簡易判定法と被害軽減対策マニュアル(第2版)(外部サイトへリンク)農研機構ホームページ)

このページに関するお問い合わせ