下水道事業の計画と現況

  1. TOP
  2. 下水道事業の計画と現況
  3. その他の下水道事業

その他の下水道事業

汚水処理施設共同整備事業(MICS)

公共下水道、農業集落排水施設、合併浄化槽等の汚水処理施設は、都市・農山漁村を問わず全国で実施されており、これらの汚水処理施設の中には共通する処理工程もあり、共同で利用する方が効率的になる場合が多い。そこで、効率的な汚水処理事業の展開に資するよう、処理人口及び処理水量の1/2以上を下水道が処理対象としている地域において、共同で利用できる施設を下水道事業で整備する「汚水処理施設共同整備事業(MICS)」が平成7年度から実施されている。

当事業の採択により、下水汚泥のみならず、し尿汚泥・浄化槽汚泥等も下水処理場で一括して共同処理が可能となり、経済性の向上と効率的な維持管理を図ることが可能となる。

新世代下水道支援事業制度

新世代下水道支援事業制度は、水受給の逼迫する都市部において、貴重な水資源として、下水道処理水の循環利用を促進するためや、リサイクル社会構築への貢献、情報化社会への対応等を積極的に果たしていくため、平成11年度に平成10年度まで実施してきた14種類のモデル事業等を統合、拡充して創設されたものである。(当初は下水道処理水循環モデル、平成6年度より再生水利用下水道事業、平成11年度より水環境創造事業)

本県においては、処理水を貴重な水資源の一つとして有効利用を図るため、昭和62年度及び平成8年度から高松市が、平成4年度から牟礼町が、更に平成12年度より多度津町が事業を実施している。

県内の再生水利用の推移
平成25年度は処理水量179,000t/日、再利用料は6,340t/日、再利用率は3.54%です。

高松市(市街地部)

(1) 供給エリア図(市街地部)
(2) 供給施設数

平成30年4月1日現在で、64 施設となっている。詳細については、高松市下水道整備課へ問合せを
お願いいたします。

高松市(旧牟礼町)

(1) 供給エリア図

多度津町

(1) 供給エリア図

高松市再生水処理事業

処理施設全景(東部下水処理場内)
処理施設内部(東部下水処理場内)

高松市(旧牟礼町)再生水処理事業

処理施設全景(牟礼浄化苑内)
再生水放流口(二ツ池親水公園)

多度津町再生水処理事業

再生水処理施設
小桜川放流公園

汚水処理施設整備交付金制度

平成17年4月1日施行の「地域再生法」に基づき創設された「地域再生基盤強化交付金」のうち、地域の人々の生活環境改善を目的として行われる下水道、集落排水施設、浄化槽の2つ以上を総合的に整備する事業に対し交付されるものが「汚水処理施設整備交付金」である。

本制度では、地域再生計画に基づき汚水処理施設の整備を効率的に行うため、事業間における事業費の融通や、年度間における事業量の変更を可能とするとともに、事業完了後の成果についても評価を実施することとしている。

なお、三木町において、平成17年度から平成21年度まで本交付金を活用した『三木町「清流新川と田園都市」再生計画』を実施し、平成26年度から『三木町「豊かな水環境とともに創る住み良いまちづくり」再生計画』として、再度活用をしている。(計画期間:H26〜H31年度)