ホーム > 組織から探す > 人事委員会 > 公平審査制度 > 不利益処分に関する審査請求

ページID:13801

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

不利益処分に関する審査請求

不利益処分に関する審査請求とは?

任命権者によって、懲戒その他自分の意に反する不利益な処分を受けた職員は、地方公務員法第49条の2及び不利益処分についての審査請求に関する規則(昭和59年人事委員会規則第1号)に基づき、人事委員会に審査請求をすることができます。
人事委員会がその処分を審査して、もし違法又は不当であれば処分の取消又は修正をし、必要があれば、その職員が被った不当な取扱を是正する措置を指示します。
【審査請求の手続フロー図】
審査請求の手続フロー図

審査請求ができる職員は?

審査請求ができる職員は、次のとおりです。
審査請求ができる職員
本人事委員会は、県内の市町等(平成31年4月1日現在 2市9町16一部事務組合等)から、公平審査の事務を受託していますので、それらの市町等の職員からの審査請求も受け付けています。
公平審査事務を受託している市町等(ワード:24KB)

審査請求の対象となる不利益処分とは?

審査請求の対象となる不利益処分とは、懲戒その他職員の意に反すると認められる不利益処分ですが、具体的には、次のとおりです。

  • 懲戒処分 免職、停職、減給、戒告(地方公務員法第29条)
  • その他職員の意に反する処分 分限処分としての免職、休職、降任、降給(地方公務員法第28条)

(例示) 降任の処分があったが、裁量権の範囲を逸脱した著しく違法、不当な行為である。
なお、文書訓告、昇給延伸等は、不利益処分に当たりません。

審査請求ができる期間とは?

審査請求をしようとする者は、処分のあったことを知った日の翌日から起算して「3月」以内にしなければなりません(地方公務員法第49条の3)。
処分のあったことを知らなくても、処分のあった日の翌日から起算して「1年」を経過した場合は、審査請求をすることができません(地方公務員法第49条の3)。

審査請求の方法・窓口は?

審査請求は、書面(審査請求書)でしなければなりません。
審査請求書に記名押印した書面(正副各1通)を処分説明書の写しとともに、人事委員会に提出してください。
審査請求に関する問合せ・提出先は、次のとおりです。

〒760-8570 高松市番町四丁目1番10号 (香川県庁東館2階)
香川県人事委員会事務局 給与グループ(審査)
TEL 087-832-3713(直通)内線5460

参考資料など(審査請求書様式等)

※この制度は、職員だけに限定された制度です。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

各種委員会人事委員会事務局

電話:087-832-3713

FAX:087-806-0229