ホーム > 組織から探す > 環境管理課 > 化学物質対策 > 化学物質排出管理促進法(PRTR届出様式等)

ページID:2133

公開日:2018年3月23日

ここから本文です。

化学物質排出把握管理促進法(PRTR届出様式等)

PRTR届出

様式等

書面による届出

受付確認書類を希望する場合は、副本と切手を貼付した返信用封筒を同封してください。

磁気ディスクによる届出

電子届出

電子届出システムにログインして、届出書の作成や届出内容の変更、また電子情報処理組織変更の届出等の処理を行います。
電子届出を初めて行う場合には、「電子情報処理組織使用届出書(様式第4)」を提出してください。その後、電子届出に必要な識別番号、暗証番号等を記した「電子情報処理組織使用届出書登録情報」を郵送します。

届出の取り下げ

届出ファイル

関連資料

  • 「PRTR届出作成支援システム」を利用して届出書を作成すると、記入内容のチェック機能もありますので、大変便利です。
  • また、現在、書面や磁気ディスクによる届出をされている方、新規に届出が必要となる方で、インターネットや接続用機器を利用しオンラインで届出ができる環境が整備されている場合には、電子届出にしますと、届出書の記載誤りが少なくなるとともに、届出に係る時間やコストが削減でき便利です。積極的な活用をお勧めします。(届出システムの利用は無料ですが、パソコン等の機器・インターネット接続料金は届出者の負担となります。)

届出窓口

届出窓口 所在地 連絡先(TEL)
環境森林部環境管理課
大気保全・環境安全グループ
〒760−8570 高松市番町四丁目1番10号 087−832−3219

SDS制度

SDS(Safety Data Sheet:安全データシート)制度とは、事業者による化学物質の適切な管理の改善を促進するため、化学物質排出把握管理促進法で指定された「化学物質又はそれを含有する製品」を他の事業者に譲渡又は提供する際に、SDS(安全データシート)により、その化学品の特性及び取扱いに関する情報を事前に提供することを義務づけるとともに、ラベルによる表示に努めていただく制度です。取引先の事業者からSDSの提供を受けることにより、事業者は自らが使用する化学品について必要な情報を入手し、化学品の適切な管理に役立てることをねらいとしています。

詳しくは経済産業省ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

リスクコミュニケーション

安全など事業活動にかかわるリスクは、少ないことが望ましいのですが、リスクをゼロにすることはできません。このため、上手にリスクとつきあっていくことが重要になります。特に、多種多様な化学物質を扱っている事業者は、そうした化学物質の環境リスクを踏まえて適正な管理を行うことが重要です。そのためには事業者が地域の行政や住民と情報を共有し、リスクに関するコミュニケーションを行うことが必要になってきます。これがリスクコミュニケーションです。

詳しくは経済産業省ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

環境森林部環境管理課

電話:087-832-3217

FAX:087-806-0228