ホーム > 組織から探す > 環境政策課 > 環境保全活動 > 県の取組み > 香川県自動車排出ガス対策計画書

ページID:2365

公開日:2020年9月2日

ここから本文です。

香川県自動車排出ガス対策計画書

平成20年4月に施行された「香川県生活環境の保全に関する条例」第106条では、県内に所在する事業所において50台以上の自動車を使用する事業者は、「自動車排出ガス対策計画書」を作成し、知事に提出、公表することが義務付けられています。香川県も計画作成の対象事業所にあたることから、計画を策定しました。
公用車全体の環境負荷を減らし、これまで以上に地球温暖化対策に積極的に取り組みます。

計画の概要

計画の対象期間

令和3年度〜令和7年度

計画の方針

温室効果ガスや大気汚染物質の排出量を抑制するために、以下の取り組みを推進します。

取組内容

  • 公用車の更新等に当たっては、ハイブリッド自動車等の低公害車や小型車種への転換を進めます。
  • アイドリングストップ、エコドライブを徹底します。
  • 近距離の用務には、徒歩や自転車を利用するなど自動車の使用抑制を図ります。
  • 職員に日常点検を徹底するとともに、タイヤ空気圧の維持など、適正な点検整備を実施します。

(参考_過去の計画書)

自動車排出ガス対策実施措置報告書

提出した自動車排出ガス対策計画については、計画期間中の毎年度計画に基づいて実施した措置について知事に報告する必要があります。

関連リンク

条例の自動車排出ガス対策の概要

このページに関するお問い合わせ

環境森林部環境政策課

電話:087-832-3213

FAX:087-806-0227