選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です 本文へジャンプ

研究・開発

希少糖の生産

希少糖の研究を行うためには、まず、希少糖を生産する必要があります。
希少糖の生産で重要なことは、果糖など、自然界に多量に存在する糖を原料として作ることであり、そのための設計図も重要となります。
香川大学では、農学部の何森教授(当時)が平成3年に発見した微生物が持つ酵素を用いて、天然の安価な果糖から希少糖D-プシコースを作ることが可能になりました。

果糖からD-プシコースへの変換

イズモリング

下の図は、平成14年に何森教授(当時)が発表した希少糖の設計図「イズモリング(Izumoring)」です。単糖(糖の最小単位)を、微生物が持つ酵素による反応(別の単糖に変換すること)で結んだものであり、点対称の美しい形をしています。高品質で多種類の希少糖を生産できるのは世界中でも香川大学だけであり、これまでに全ての希少糖の生産法が確立されています。

Izumoring

希少糖の生産工程

希少糖の生産には、次の5つの工程があります。これらの工程を効率よく実施し、希少糖を大量生産するため、平成18年度に香川大学農学部キャンパス内に「希少糖生産ステーション」が設置されました。ここで生産された希少糖は、香川大学等における研究で使用されています。

①微生物の培養と酵素の大量生産
②化学反応による希少糖への変換
③希少糖と原料(果糖等)との分離
④希少糖の濃縮
⑤希少糖の結晶化

このページの上部へ

前のページに戻る