ホーム > 組織から探す > 子ども政策推進局子ども家庭課 > 子どもの病気や検査 > 新生児マススクリーニング検査(先天性代謝異常等検査)

ページID:5317

公開日:2019年3月25日

ここから本文です。

新生児マススクリーニング検査(先天性代謝異常等検査)

根拠法令

香川県先天性代謝異常検査等実施要綱

概要

新生児について血液によるマス・スクリ−ニング検査を行い、異常を早期に発見することにより、事後の治療とあいまって障害の発現を防止することを目的としています。
検査の対象となる疾病は、フェニルケトン尿症、クレチン症などの20疾患とします。(タンデムマス法を用いた検査を導入しています。)
また、検査の結果、精密検査が必要となる場合があります。その際には、専門の医療機関へ速やかに受診してください。

受付期間

随時

受付窓口

新生児の出生又は来診した医療機関

申請方法

(県内の方で、香川県内の医療機関において出産される場合)
母子健康手帳交付時に配布された「新生児マススクリーニング検査依頼票」に必要事項を記入のうえ、出産される医療機関に提出してください。

(県内の方で、香川県外の医療機関において出産される場合)
里帰り先の都道府県、政令市の制度が利用できます。出産を予定されている医療機関または都道府県庁、政令市の母子保健担当係に直接お問い合わせください。

(県外の方で、香川県内の医療機関に里帰り出産をされる場合)
県外の方は下記の「新生児マススクリーニング検査依頼票」に必要事項を記入のうえ、出産される医療機関に提出してください。

手数料

検査料は無料です。ただし、採血料は、保護者の方に負担していただくことになります。採血料等は医療機関によって異なりますので、詳しくは、出産予定の医療機関にお問い合わせください。

お問い合わせ

健康福祉部子ども政策推進局子ども家庭課(母子保健グループ)
電話:087−832−3285

ダウンロード

新生児マススクリーニング検査依頼票(ワード:16KB)

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部子ども政策推進局子ども家庭課

電話:087-832-3285

FAX:087-806-0207