ページID:5659

公開日:2017年3月1日

ここから本文です。

院長あいさつ

香川県立丸亀病院長 長楽鉄乃祐

長楽院長の写真

当院は、大正12年の株式会社丸亀中央病院に始まり、丸亀市、日本医療団を経て、昭和23年に香川県に移管され、香川県立丸亀病院となりました。当時は9科を擁する総合病院でしたが、その後、社会の進展に伴う疾病構造や地域医療体制の変化により、昭和38年に精神科病院に転換され、昭和59年には現在地に新築移転しました。

現在、丸亀病院は、国の精神保健医療福祉施策の方向性に沿って入院患者の地域生活移行をより一層促進することを基本に、精神科救急・急性期医療等に重点的に取り組んでおり、精神科急性期治療病棟や精神科救急情報センターの運営を行っております。さらに、結核患者収容モデル事業による精神疾患と結核の合併症患者の受入れ、心神喪失者等医療観察法に基づく鑑定入院や指定通院医療機関としての患者の受入れを行うなど、県の精神科医療体制の中核的な役割を果たしています。

当院は、今後とも、「こころのやすらぎを・・・愛と希望の丸亀病院」という基本理念のもと、県の精神医療の基幹病院としての使命・役割を担っていけるよう、職員一同努力してまいります。

このページに関するお問い合わせ

病院局丸亀病院

電話:0877-22-2131

FAX:0877-22-7804