ホーム > 組織から探す > 住宅課 > 計画・施策 > 香川県住生活基本計画

ページID:13301

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

香川県住生活基本計画

住生活基本計画とは

住生活基本法に基づいて定める、住民の住生活の安定の確保及び向上の促進に関する基本的な計画で、法の基本理念に沿って国が定める「全国計画」と、全国計画に即して都道府県が定める「都道府県計画」があります。香川県では平成20年3月に当初計画を策定しています。

計画の目的

県民の豊かな住生活の実現に向け、良質な住宅の供給や良好な居住環境の形成が図られるよう、今後の住宅施策の基本的な方向性や、地域の特性に応じた具体的な住宅施策の基本方針などを定め、安全で快適な暮らしづくりや活力あふれる地域づくりを図るものです。

基本的な方針

豊かな住生活の実現のため、住宅・居住環境における基本的な機能の確保と、ストックの持続的な有効活用を目指します。

住宅施策の目標

  • 目標1:安全で良質な住宅の確保
  • 目標2:多様なニーズに応じた居住環境の形成
  • 目標3:住宅セーフティネット機能の確保と強化

計画期間

平成28年度から平成37年度までの10年間

計画本文

過去の住生活基本計画

(平成23年度)

(平成19年度)

これまでの目標と実績

現行計画の見直し

住生活基本法の規定に基づき国が定める住生活基本計画(全国計画)が変更(令和3年3月18日閣議決定)されたことを受け、これに即して定めることとされている住生活基本計画(都道府県計画)について、香川県においても、令和3年度に現行計画の見直しを行うこととしました。

このページに関するお問い合わせ