スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

現在地:香川の環境> 環境学習> ぐるぐるBOOK> わたしたちにできることはなんだろう

ごみゼロ・じゅんかん 「ぐるぐるBOOK」
←「ごみがふえるとどうなるんだろう」に戻る トップページ 「スーパーマーケットにやってきたよ」に進む→

わたしたちにできることはなんだろう

 資源をたくさん使って、ごみをたくさん出す生活は、環境にとても大きな負担をかけています。だから、今、みんなでごみを少なくすることを考えなくてはいけません。それは、日本だけではなく、地球全体にとっても大切なことなのです。

 では、どうしたらごみを少なくし、資源を大切にすることができるのでしょうか?それは私たちのくらしを、いままでの一方通行型の社会から、「循環型社会」へ変えていくことが必要なのです。循環とは、ぐるぐるまわるということ。循環型社会は、できるだけモノを大切に使い、使い終わったものでも、もう一度使えるようにしていく、地球が長持ちする社会のことです。壊れてしまったものでも、修理したり、資源として再び利用すれば、ごみにならないし、限りある資源も失われずにすむのです。

 循環型社会をつくるためには三つのRがキーワードになります。それは

(1)REDUCE (リデュース) ごみの量を減らすこと

(2)REUSE (リユース) 使い終わったものを再び使用すること

(3)RECYCLE (リサイクル) 資源として再び利用すること

 です。それぞれの英単語の頭文字をとって『3R』といいます。

 これから、実際に毎日のくらしの中で、どんなことをしていけば『3R』につながるのかを見ていきましょう。

 みんなと一緒に行くのは、ただいまごみについて勉強中の『タケくん』

 案内してくれるのはごみのことなら何でも知っている『ぐるぐる』です。

 ぐるぐるはぐるぐる循環する社会のシンボル。

 ここからはぐるぐるにバトンタッチします。


←「ごみがふえるとどうなるんだろう」に戻る トップページ 「スーパーマーケットにやってきたよ」に進む→