スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

現在地:香川の環境> 環境学習> ぐるぐるBOOK> 会社の中では・・・お家では・・・

ごみゼロ・じゅんかん 「ぐるぐるBOOK」
←「リサイクルのながれをおいかけよう」に戻る トップページ 「わたしたちの手でつくる循環型社会」に進む→

会社の中では・・・お家では・・・

 リサイクルのおさらい、できたかな。今度はお父さんやお母さんが働いている会社で、ごみを減らすためにどんなことをやっているのか見てみよう

 会社なんてはじめて来たよ。何だか難しそうな書類がいっぱいだね。あれっ?この色つきの箱は何なの

 これは『分別ボックス』といって、会社でいらなくなった紙をリサイクルするために種類ごとに分けておく箱なんだ

 どんなふうに分けるの

 分け方はいろいろあるんだけど、この会社では紙を『再利用封筒』『新聞・チラシ』『雑誌・カタログ』『紙袋』『コピー用紙』の5種類に分けてる。

 えぇーっ、そんなたくさんに分けてるのか。大変だなぁ

 そうだね。特に封筒は一度きりで捨てるともったいないから宛名のところに紙を貼って何度もくりかえして使ってるんだよ

 お酒のびんみたいだね。『リユース』だっけ?

 そう。よく覚えてたね。あと、コピー用紙も片面だけじゃもったいないから、印刷に失敗した紙はまとめておいてまたプリンタに入れて使ってるよ

 へぇー、お父さんやお母さんたちはいろんな工夫をしてるんだね。ぼくたちもおうちで何かできないかな

 うん。じゃあ一緒にちょっと考えてみようか


 ごみの始まりは買い物からっていったけど、いらないものを買わないようにしても、人からもらうものは選べないよね

 そうだなぁ。そういえばこないだお母さんも「使わないコップがたくさんあるわ」って言ってた

 そうそう。どこの家でも押入れや納戸にタオルやお鍋、使ってないものがたくさんあるんじゃないかな。ずっと使わずに古くなったら、結局そのまま捨てちゃうんだよね

 ふーん、もったいないね。どうにかならないかなぁ

 全然使ってない新品やそれに近いものなら「リサイクルショップ」といって、買い取ったり、引き取ったりしてくれるお店があるんだ。あと服なら古着屋さんとかね

 へぇー。でもあんまり汚くちゃだめなんでしょ

 そうだね。ただ、古着なんかは古いほうがかえって高い値段で売れたりすることもあるからね

 弟や妹にあげるのもいいのかな

 そうだね。「おさがり」っていって昔からやってるよね。まさに元祖「リユース:くり返し何度も使う」だよ

 でもボロボロになったのとかはごみにするしかないでしょ

 うん。でも市や町によっては「集団回収(廃品回収)」というのがあるから、古布や古新聞、雑誌なんかはまとめておいて出すといいよ
 さあタケくん、いろいろ見てきたね。ここらへんで僕たちにできることのおさらいをしてみようか


「3R」についておさらいしよう!こちらに進む>>>


←「リサイクルのながれをおいかけよう」に戻る トップページ 「わたしたちの手でつくる循環型社会」に進む→