スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

現在地:香川の環境> 環境学習> ぐるぐるBOOK> わたしたちの手でつくる循環型社会

ごみゼロ・じゅんかん 「ぐるぐるBOOK」
←「会社の中では・・・お家では・・・」に戻る トップページ 「ごみダイエットカレンダーに挑戦」に進む→

わたしたちの手でつくる循環型社会

ぐるぐるまわる循環型社会をつくるのはわたしたちひとりひとりの役目

【長く使えるものを選ぼう】

良いものを選んで、買ったら大切に、長く使うことを習慣にしよう。 買う前には、今あるものは使えないか、他のものが代わりにならないか、すぐ飽きないかなど、本当に買う必要があるかもう一度考えてみるようにするんだ。

【包装の少ない商品を選ぼう】

何重にも包装していたりする商品はごみを増やすもと。なるべく買わないようにしよう。
食料品はばら売り、量り売りのものを選ぼう。また、本のカバーなんかもできるだけ断ろう。

今からできること、自分でできることから始めよう

【こわれたら修理して使おう】

こわれたからといってもすぐに捨てずに、修理して使えないか考えてみよう。おもちゃや電気製品はけっこう直るもの。修理屋さんにゴー!

【環境にやさしい商品を選ぼう】

リサイクルしてもできた商品を使わないと意味がないよ。目印はエコマークやグリーンマーク。環境にやさしい商品をできるだけ選ぼう。

くらしのなかのちょっとした努力の積み重ねが大切なんだ

【買い物袋を持参しよう】

買い物ぶくろを持参して、レジ袋はもらわないようにしよう。ガムだけ、ジュースだけみたいに数が少ない買い物のときはふくろ袋をことわ断ろう。 レジ袋を1枚断れば、10グラムのごみが減らせるんだ。ちりも積もれば・・・。

【詰め替え商品を選ぼう】

くり返しつかえたり、つめかえできる商品を選ぼう。
例えば食器用洗剤のボトルは30グラム。繰り返して使えば減らせるごみもそれだけ大きくなるよ。

そして、知らない人がいたら教えてあげよう

【必要な人にゆずろう】

自分が使わなくなってもすぐに捨ててしまわず、弟や妹あげたり、バザーやフリーマーケットに出せば必要な人が買ってくれるかもよ。

【生ごみを減らそう】

食べ残しをしない、野菜を使い切る、水気をぎゅっとしぼる。出た生ごみは肥やしにする。生ごみを減らせばごみ全体でもすごい減量になるんだ

リサイクルは大切だけど、一番大事なのはごみをなるべく出さないこと。

たくさん捨ててたくさんリサイクルしても、結局余計な資源やエネルギーを使ってしまうんだよ。


←「会社の中では・・・お家では・・・」に戻る トップページ 「ごみダイエットカレンダーに挑戦」に進む→