選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

指定難病医療費助成制度について(医療機関・医師の方へ)

  • 平成26年5月に「難病の患者に対する医療等に関する法律」(以下「難病法」といいます。)が成立し、
    平成27年1月1日から指定難病医療費助成制度が開始され、特定疾患治療研究事業
    の対象疾患のうち指定難病に指定されたものは、新制度に移行しました。新制度移行に伴う経過措
    置は、平成29年12月31日で終了しました。詳しくは、こちらをご覧ください。
  • この指定難病医療費助成制度の対象疾病は、平成27年7月1日に196疾病、平成29年4月1日に
    24疾病、平成30年4月1日に1疾病、さらに令和元年7月1日から新たに2疾病が追加されました。
  • 香川県指定難病のうち、国指定難病として追加指定された疾病については、国指定難病に移行し
    ましたので、国指定難病での申請を行っていただくことになります。
  • 「スモン」、「難治性の肝炎のうち劇症肝炎」、「重症急性膵炎」、「重症多形滲出性紅斑(急性期)」、
    「プリオン病(ヒト由来乾燥硬膜移植によるクロイツフェルト・ヤコブ病に限る。)」については、引き続き
    特定疾患治療研究事業の対象となります。
  • ただし、「難治性の肝炎のうち劇症肝炎」、「重症急性膵炎」、「重症多形滲出性紅斑(急性期)」に
    ついての新規申請の受付は平成26年12月31日で終了しました。

更新日:2020年2月18日

1.お知らせ

2.指定医療機関の申請について

3.指定医の申請について


1.お知らせ

  1. 改正臨床調査個人票の記入にあたっての留意事項、Q&A等は、こちら(厚生労働省ホームページ)
    をご覧ください。
  2. 令和元年7月1日から医療費助成の対象疾病が2疾病追加されました。診断基準と臨床調査個人票は、
    「厚生労働省(診断基準と臨床調査個人票)」をご覧ください。
    改正の概要は厚生労働省健康局長通知(認定基準) (臨床調査個人票)をご覧ください。
  3. 経過措置が平成29年12月31日で終了しました。
  4. 制度運用上の留意事項を掲載しました(臨床調査個人票(新規)作成上の留意事項を含む)
  5. 県の指定難病の取扱いについてのおしらせを掲載しました。
  6. 公費負担者番号変更のおしらせを掲載しました。
  7. 医療費助成の申請書に添付する「臨床調査個人票」の作成は、指定医(知事の指定を受けた医師)
    が行うこととなっていますのでご注意ください。
    指定医の要件につきましては、3.指定医の申請をご覧ください。
    なお、診断基準と臨床調査個人票は、「厚生労働省(診断基準と臨床調査個人票)」をご覧ください。
  8. 障害者総合支援法のお知らせを更新しました。
  9. 「指定医療機関と指定医のための「Q&A」を掲載しました。
  10. 厚生労働省健康局疾病対策課作成の、「特定医療費に係る自己負担上限額管理票等の記載方法
    について(指定医療機関用)」
    を更新しました。
  11. 平成30年8月の高額療養費制度の改正に伴い、70歳以上の方の受給者証の適用区分の記載が
    変更になりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

  12.                           ◆このページのトップへ


2.指定医療機関の申請について

    ○指定難病医療費助成制度では、都道府県知事の指定を受けた指定医療機関が行う医療・
      調剤・訪問看護等に限り、指定難病患者の方が医療費の助成を受けることができます。
      医療費助成の対象はこちらをご覧ください。
    ○指定医療機関の指定を受けるためには、申請が必要になります。
        指定難病一覧(333疾病・50音順)(厚生労働省作成のリーフレット)
           

【指定医療機関の要件】

  1. 次の保険医療機関等であることが必要です。
       ・病院又は診療所
       ・薬局
       ・指定訪問看護事業者(健康保険法)
       ・指定居宅サービス事業者:訪問看護事業者に限る(介護保険法)
       ・指定介護予防サービス事業者:介護予防訪問看護事業者に限る(介護保険法)

  2. 法第14条第2項で定める欠格事項に該当していないことが必要です。
          「難病の患者に対する医療等に関する法律」

【指定医療機関の責務】

○指定医療機関の診療方針は、健康保険の診療方針の例によるほか、指定医療機関は、
 良質かつ適切な医療を行う必要があります。
○指定医療機関は、難病医療費助成に係る医療等の実施に関し、都道府県知事の指導を受
 けることになります。


【指定申請等の手続】

  1. 指定申請
    次の書類を香川県宛に郵送又は持参してください
        ・(様 式)難病医療指定医療機関指定申請書(Word)
        ・(記入例)難病医療指定医療機関指定申請書(Word)

  2. 変更の届出
    指定申請書の記載事項について変更があった場合は、変更の届出が必要です。
        ・(様 式)難病医療指定医療機関変更届出書(Word)

  3. 届出
    業務を休止・廃止又は再開した場合、又は医療法等による命令等を受けた場合は、届出が
    必要です。
        ・(様 式)難病医療指定医療機関(休止・廃止・再開)届出書(Word)

  4. 辞退の申出
    指定を辞退しようとするときは、辞退の申出が必要です。
         ・(様 式)難病医療指定医療機関 辞退届出書(Word)

      ≪申請書等提出先≫
        〒760−8570
        香川県高松市番町四丁目1番10号
        香川県健康福祉総務課 難病等対策グループ

【留意事項】

○指定後、香川県から申請者宛に指定通知を送付します。
○指定を行った医療機関等の名称、所在地等を香川県のホームページにて公表します。
○指定医療機関の指定は、6年ごとの更新制です。


                              ◆このページのトップへ



3.指定医の申請について

    ○申請書に添える「臨床調査個人票」の作成は、都道府県知事の指定を受けた
      医師(「指定医」)が行うこととなります。
    ○指定医の指定を受けるためには、申請が必要になります。
      申請先は、主たる勤務先の医療機関の所在地の都道府県知事です。
    ○なお、難病医療費助成の対象となる医療は、指定医療機関が行う医療等に限りますが、
      必ずしも指定医が行う必要はありません。

【指定医の要件】

  1. ≪難病指定医≫:新規申請用及び更新申請用の臨床調査個人票のどちらも作成が可能
       ○診断又は治療に5年以上従事した経験を有し、臨床調査個人票を作成するのに必要な
        知識と技能を有しており、厚生労働大臣が定める認定機関が認定する専門医の資格を
        有する医師
        又は、
       ○診断又は治療に5年以上従事した経験を有し、臨床調査個人票を作成するのに必要な
        知識と技能を有しており、都道府県知事が行う難病指定医の研修を修了した医師
        又は、
       ○診断又は治療に5年以上従事した経験を有し、臨床調査個人票を作成するのに必要な
        知識と技能を有しており、指定難病の施行日(平成27年1月1日)において、指定難病の
        診断等に従事したことがあり、今後、都道府県知事が行う難病指定医の研修を、平成29年
        3月31日までに 受ける意思のある医師(経過的特例)

  2. ≪協力難病指定医≫:更新申請用の臨床調査個人票のみ作成が可能
       ○診断又は治療に5年以上従事した経験を有し、更新のための臨床調査個人票を作成するの
        に必要な知識と技能を有し、都道府県知事が行う協力難病指定医の研修を修了した医師

【難病指定医等の研修】 ※終了しました。

○令和元年11月21日(木)に、令和元年度難病指定医研修会を開催します。
  この研修は、難病指定医または協力難病指定医の指定を希望する医師を対象とした研修です。
  詳しくは、下記をご覧ください。

◯研修資格により難病指定医の指定を受けている方(指定医番号が37Tで始まる方)
  または協力難病指定医の指定を受けている方(指定医番号が37Cで始まる方)で、
  今年度中に更新を希望される方は、本研修を御受講ください。
○難病指定医の指定申請時に、厚生労働大臣が定める認定機関が認定する専門医の資格を有する方は、
  難病指定医の研修を修了していなくても専門医資格で指定を受けることができます。
○難病指定医の研修と協力難病指定医の研修の内容は異なります。


【難病指定医等オンライン研修の実施について】

香川県では、指定医研修を国の実施するオンライン研修を利用して実施します。
オンライン研修の受講を希望される方は、「香川県難病指定医等オンライン研修受講申込書」の提出が必要です。

  1. 手順概要をお読みください。
    香川県難病指定医等オンライン研修について(PDF: 107KB)
  2. 受講申込書に入力の上、Eメールにてお申し込みください。
    (様式)香川県難病指定医等オンライン研修受講申込書(Word:17KB)
  3. 提出された受講申込書を確認後、ログインID、パスワード、研修サイトのURLをEメールにて通知します。

○難病指定医の指定申請時に、厚生労働大臣が定める認定機関が認定する専門医の資格を有する方は、研修受講は不要です。

【指定申請等の手続】

  1. 指定申請
    次の書類を香川県宛に郵送又は持参してください。
        ・(様 式)指定医指定申請書兼経歴書(Word)
          (記入例)指定医指定申請書兼経歴書(Word)
        ・医師免許証の写し
        ・専門医資格を証明する書類の写し
          ※専門医資格による難病指定医の申請を行う場合のみ

  2. 指定の更新
    指定の有効期間は5年間です。
    5年ごとに更新手続きが必要になります。
    次の書類を香川県宛に郵送又は持参して下さい。
    (1)全員が提出する書類
      ・(様式)指定医指定更新申請書(Word)
      ・(記入例)指定医指定更新申請書(Word)
    (2)専門医資格の難病指定医【指定医番号が37Sで始まる方】
      ・専門医資格を証明する書類の写し
    (3)研修資格の難病指定医【指定医番号が37Tで始まる方】
      ・都道府県知事が行う難病指定医の研修修了を証明する書類
    (4)協力難病指定医【指定医番号が37Cで始まる方】
      ・都道府県知事が行う協力難病指定医の研修修了を証明する書類
    (5)経過的特例の難病指定医【指定医番号が37Pで始まる方】
      ・初回の更新のための研修受講は不要で、次の研修は更新後の指定有効期間の間に1回受講いただく必要があります。
      ・初回の更新により指定医番号が変わります。
  3. 【難病指定医等の研修】※次回の研修は、令和元年11月21日(木)に開催予定です。詳しくは10月頃にご案内予定です。

  4. 変更の届出
    指定申請書の記載事項について変更があった場合は、変更の届出が必要です。
        ・(様 式)指定医変更届出書(Word)

  5. 辞退の届出
    指定を辞退しようとするときは、辞退の届出が必要です。
        ・(様 式)指定医辞退届(Word)

      ≪申請書等提出先≫
        〒760−8570
        香川県高松市番町四丁目1番10号
        香川県健康福祉総務課 難病等対策グループ

【留意事項】

○指定後、香川県から申請者宛に指定通知を送付します。
○指定を行った医師の氏名、主たる勤務先医療機関、担当する診療科名、指定年月日を
  香川県のホームページにて公表します。
○指定医の指定は、基本的に5年ごとの更新制です。

                              ◆このページのトップへ


[担当]
健康福祉総務課 難病等対策グループ
電話:087-832-3272
FAX:087-806-0209
メール:kenkosomu@pref.kagawa.lg.jp


現在地:ホーム>健康・福祉>現在のページ
〒760-8570 香川県高松市番町四丁目1番10号
代表電話: 087-831-1111 (直通電話番号一覧) 開庁時間:平日 8時30分〜17時15分
香川県 県章