ホーム > 組織から探す > みどり整備課 > 県民参加の森づくり・緑化 > 森林の整備等によるCO₂吸収量認証制度

ページID:21018

公開日:2021年1月28日

ここから本文です。

森林の整備等によるCO₂吸収量認証制度

「森林の整備等によるCO₂吸収量認証制度」とは

香川県では、企業・団体が実施した植栽、間伐などの森林の整備等の効果をCO₂吸収量の数値で認証する
制度を、平成20年10月1日からスタートしています。
この認証制度をきっかけとして、CSR活動に関心のある企業・団体に、新たに、県内の森林で整備活動に
御参加いただくことにより、地球温暖化防止対策への御協力をお願いしています。


・認証のメリット

「香川県生活環境の保全に関する条例」で作成が義務付けられている「地球温暖化対策計画」の中で、CO₂
の削減量として位置付けることができます。
社会貢献の証として、企業イメージの向上などに活用することができます。


・認証を申請できる方

「香川県生活環境の保全に関する条例」で定める一定以上の温室効果ガスを排出する特定事業者
フォレストマッチング推進事業に参加する企業、団体
自主的に森林の整備等を実施している企業、団体


・認証の対象

企業、団体が実施した森林の整備、竹林の整備が対象です。


・認証の要件

県内の森林で実施された森林の整備等であること。
平成20年4月1日以降に実施された森林の整備等であること。
実施された森林の整備等が適切であり、健全な森林として生育することが期待できること。

 

詳細等は、要領を御確認ください。


要領・様式(PDF:84KB)
様式1(ワード:35KB)

このページに関するお問い合わせ