ホーム > 運転免許 > 外国免許からの切替手続

ページID:15663

公開日:2024年1月25日

ここから本文です。

外国免許からの切替手続

外国の行政庁が発給する免許をお持ちの方が、日本の運転免許を取得する際、日本国内で運転することに支障がないと審査で確認できた場合に限り、試験の一部(学科試験及び技能試験)が免除されます。
外国免許の日本免許への切り替えは、運転免許センターで申請を受け付けています。

受験資格

  • 香川県内に住所がある方
  • 有効な外国免許をお持ちの方
  • 外国免許取得後、当該取得国に3か月以上の滞在期間があり、それを証明できる方
  • 日本の道路交通法に定める免許種別毎の取得条件(年齢・経験等)を満たしている方

事前審査に必要な書類等

  • 有効期間内の外国免許証(旧免許をお持ちの方は、持参してください。)
  • 外国免許証の翻訳文(当該国の行政庁、領事機関、(一社)日本自動車連盟(JAF)、ジップラス株式会社、ドイツ自動車連盟が翻訳したもの)
  • 本籍又は国籍(外国籍の方)の記載された住民票(日本に住所のない方はお問合せください。)
  • 外国免許証を発給した国に3か月以上滞在していたことを証明する書類(免許取得当時からのパスポート(免許発給国の入出国のスタンプがあるもの)、船員手帳など)
  • 国際運転免許証(ジュネーブ条約加盟国のものをお持ちの方)
  • 失効した日本の免許証(お持ちの方)

事前審査等に関するお問合せ

運転免許センター試験係(087)881-0645

  • 事前審査等に関するお問合せ
    月曜日~金曜日(祝休日・年末年始を除く。)
    9時00分~16時00分
    ※担当者不在時には、詳細な内容についてはお答えできないことがあります。
  • 審査予約受付
    月曜日~金曜日(祝休日・年末年始を除く。)
    16時00分~17時00分

事前審査の実施

免許取得国における免許の取得状況や運転免許試験などについての質問に答えていただきます。日本語が話せない方は、通訳者の同伴が必要です。
事前審査の結果に基づき、知識及び技能の確認を実施します。

本審査の実施

  • 事前審査に合格した方は、自動車等の運転に関する知識と技能の確認を行い(確認の必要がない方もいます。)、日本国内で運転することに支障がないことを確認した上で、適性試験に合格すれば日本の免許が交付されます。
  • 本審査時に必要な書類等
    • 事前審査時の書類
    • 申請用写真1枚(縦3.0cm×横2.4cm、無帽子、無背景、正面、上三分身で6か月以内に撮影したもの)
    • 手数料
      • 試験手数料(普通免許2,550円、自動二輪免許2,600円、準中型免許4,100円、原付免許1,500円)
      • 交付手数料2,050円、併記手数料200円

その他

  • 過去に交通違反等(国際免許での違反等を含む。)がある方は、審査を受けて、試験の一部免除の申請をしても拒否、保留処分となる場合があります。
  • 過去に免許の取消処分(初心運転者制度による取消処分を除く。)、拒否処分又は6か月を超える運転禁止処分を受けた方は、その期間が終了していること、及び過去1年以内に取消処分者講習を受講していなければ受験することができません。

このページに関するお問い合わせ

香川県警察運転免許課

電話:087-881-0645

 

お問い合わせフォームからいただいた内容は、警察本部広聴・被害者支援課を経由して各担当部署へ送られます。

フォームの「ご意見・お問い合わせの内容」欄に電話番号を記載してください。(お電話で回答させていただく場合があります。)
回答には1週間程度時間を要するため、お急ぎの方は電話にてお問い合わせください。

ページトップへ