ホーム > 組織から探す > さぬき動物愛護センター > さぬき動物愛護センター しっぽの森 > Q&A > なぜ、譲渡ボランティアは、しっぽの森から譲り受けた犬猫を、他の譲渡を目的とする方に譲渡してはいけないのですか?

ページID:6085

公開日:2019年10月15日

ここから本文です。

なぜ、譲渡ボランティアは、しっぽの森から譲り受けた犬猫を、他の譲渡を目的とする方に譲渡してはいけないのですか?

質問内容

なぜ、譲渡ボランティアは、しっぽの森から譲り受けた犬猫を、他の譲渡を目的とする方に譲渡してはいけないのですか?

回答内容

譲渡ボランティアの方が、直接確認して譲り受けた犬猫について、責任をもって適正に飼養管理した後、その犬猫の性格や特性に応じて、新しい飼い主に譲渡し、譲渡の際にはその犬猫の情報をしっかりと説明することが重要であると考えます。他の譲渡を目的とする者に譲り渡すことは、その犬猫の飼養管理や新しい飼い主への譲渡について、責任の所在があいまいとなり、不適正な譲渡になりかねないと考えるためです。

このページに関するお問い合わせ

Q&A