ページID:12474

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

大丈夫!ごはんは安全

日本で作られるお米は、農薬を使用する場合には、厳格な基準を通過した登録農薬のみと決められているので、この量や時期、濃度、回数等の使用基準を守る限り、食品衛生法の残留基準を超えて農薬が残留することはありません。さらに国では、安心できる主食を供給するため、農家段階での農薬の使用状況の点検や、お米に農薬やカドミウムなどが含まれていないかを分析し、体に悪い影響を及ぼすお米が流通しないようにしています。

外国から輸入されるお米のチェックは?

外国から輸入されるお米についても、

  1. 輸出国で船に積む前
  2. 船に積む時
  3. 日本に到着した時

の3段階で農薬などが含まれていないかどうか調べられています。

消費者の立場に立ってお米の表示を見直しました。

  • 消費者に販売する全てのお米に、JAS法に基づく表示が義務付けられています。
  • 表示には、「原産国、産地、品種、産年精米年月日、販売者」などの情報があります。
  • 販売者は、消費者から表示の根拠を問われたときは、明らかにする必要があります。

JASの記載方法

日本の食料事情 お米の一生 大丈夫!ごはんは安全 もっと好きになろう ごはんと給食 お米の消費拡大大作戦 市町別作付面積 お米の辞典 TOP

このページに関するお問い合わせ