ホーム > 組織から探す > 人権・同和政策課 > 人権啓発活動 > 「NO ワクチンハラスメント ~うってもうたなくてもコロナとたたかうみんななかま~」

ページID:31720

公開日:2022年4月19日

ここから本文です。

「NO ワクチンハラスメント
 ~うってもうたなくてもコロナとたたかうみんななかま~

NOワクチンハラスメントロゴ

趣旨

ワクチンを接種できないことで差別を受けている方がいます。
新型コロナワクチンの接種は、他のワクチンと同じで、強制されるものではありません。

健康上の理由から接種できない方もいます。接種の予防効果と副反応のリスクを理解し、本人が納得した上で判断いただくものであり、職場や周りの方が接種を強制したり、接種を受けていない方に差別的な扱いをすることは許されません。

私たちが戦うべき相手は「ウイルス」です。正しい情報をもとに冷静な行動をお願いします。

主なワクチンハラスメント

  • 接種を強制・同調 ワクチンハラスメント
  • 非接種を理由とした雇止め・退職勧奨など
  • 非接種の理由を問い詰める
  • 接種の有無を第三者に明示する

ワクチンを接種することができない方

  • 発熱のある方 ※1
  • 重い急性疾患にかかっている方
  • ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症の既往歴がある方 ※2
  • 上記以外で、医師が予防接種を受けることが適当でないと判断した場合

1 通常37.5℃以上を指しますが、37.5℃を下回る場合でも平時の体温によっては発熱と判断される場合があります。

2 アナフィラキシーや、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状。全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等

ワクチンの接種に注意が必要な方

  • 過去に免疫不全の診断を受けた方、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方
  • 心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方
  • 過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状が出た方
  • 過去にけいれんを起こしたことがある方
  • ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こる恐れがある方
    また、新型コロナワクチンは筋肉内に注射することから、抗凝固療法を受けている方、血小板減少症または凝固障害のある方は、接種後の出血に注意が必要とされています。

ご相談はこちらへ

  • 香川労働局総合労働相談センター
     087ー811ー8916
     午前9時から午後5時まで(土・日・祝を除く)
  • 香川県 人権に関する相談窓口(香川県人権・同和政策課)
     087ー832ー3205
     午前9時から午後5時まで(土・日・祝日除く)

チラシのダウンロード

会社・学校や人の集まる場所での掲示、周知など、用途に限らずご自由にダウンロード・印刷してお使いください(加工・改変などはできません)。
※画像をクリックすると、jpgファイルが別ウインドウで開きます。

novacharachirashi

(JPG:236KB)

「NO コロナハラスメント~正しい情報をもとに 冷静な行動を~」
 啓発キャンペーンをみなさまとともに展開しています。

香川県では、県内市町、香川県人権啓発推進会議(県、県内市町及び団体等で組織)をはじめ、県内の団体、企業、学校や個人と連携し、県民参加型啓発キャンペーン「NO コロナハラスメント~正しい情報をもとに冷静な行動を~」を展開しています。賛同いただける方には、ロゴマークのデータを提供しています。詳しくは以下のページからご応募ください。

「NO コロナハラスメント」啓発キャンペーンについて

「NO コロナハラスメント」啓発キャンペーン参加手続きなど
 

ページの先頭へ戻る

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

総務部人権・同和政策課

電話:087-832-3201

FAX:087-831-3680