ページID:10828

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

Q&A|浄化槽

Q1.浄化槽協会は、どんな団体ですか?

A1.公益社団法人香川県浄化槽協会は、利益を目的とする一般の会社とは違って、公衆衛生の普及向上を目的とした公益法人です。

浄化槽に関して専門的知識・技術をもっており、浄化槽法に基づく県知事の指定を受けて浄化槽の検査を実施しています。

そのほか、浄化槽設置届の受付時に書類をチェックしたり、浄化槽をよく知ってもらうために「浄化槽設置者講習会」を開催するなど、公衆衛生の普及向上を目的とした事業を行っています。

Q2.法定検査の料金は高いのではないですか?

A2.法定検査の料金は、基本的に実費に相当する金額です。

検査料収入と検査費用は、他の事業とは区別して計算されており、検査料は、その収入と費用のバランスがとれるような金額に設定されています。

また、現在の検査料は、県が内容をチェックし、県報でお知らせしたものです。

Q3.業者に頼んで保守点検をしてもらっていますが、それでも法定検査を受けなければいけませんか?

A3.浄化槽は、微生物の働きにより汚水を処理しています。保守点検は、微生物が元気に働けるように機械の点検・調整をしたり、補修や消毒薬の補給などを行う作業です。

法定検査は、保守点検・清掃が適正に実施され、浄化槽の機能が正常に維持されているかどうかを検査するものです。
人間に例えると、保守点検・清掃は日常の健康管理にあたり、法定検査は健康診断にあたります。

このように、保守点検と法定検査とは、目的や作業内容が異なりますので、保守点検と別に法定検査も受けてください。

このページに関するお問い合わせ