ページID:7913

公開日:2021年10月1日

ここから本文です。

展覧会

香川県立東山魁夷せとうち美術館では、年間4回の「テーマ作品展」と2回の「特別展」を行っています。「テーマ作品展」は、東山すみ夫人より寄贈された魁夷の版画作品から、季節や画題、取材地などのテーマに基づいて作品を選びご紹介する所蔵作品展です。

 

 

開催中の展覧会

2021年度秋の特別展「岩倉 壽(いわくら ひさし)ー自然を掬う(すくう)」
2021年10月1日(金曜日)~11月7日(日曜日) *休館日:月曜日、10月2日(土曜日)、10月3日(日曜日)

本県三豊市出身の日本画家、岩倉 壽(1936~2018)は東山魁夷と同じく日展を活躍の場として作品を発表しました。戦後間もない世代が拓いた新しい技法ー日本画の伝統的画材を用いながらも厚みのある筆遣いーで風景や静物を描き、淡くはかない自然をとらえる世界観を築きました。本展では、伝統を受け継ぎつつ切り開いた画家の軌跡をご紹介します。

展覧会チラシ(PDF:1,146KB)

 

ただいま、香川県立ミュージアムでも岩倉 壽作品をご覧いただけます

香川県立ミュージアム
アート・コレクション 岩倉 壽-心に映す風景

前期 / 10月1日(金曜日)から10月24日(日曜日)  後期 / 10月26日(火曜日)から12月12日(日曜日)

全12点初公開!
県立東山魁夷せとうち美術館と県立ミュージアムが連携 !!
初期から晩年にいたる作品を香川県立ミュージアムでも同時期にご紹介します。同ミュージアムのアート・コレクションは、美術作品や歴史資料など、数ある所蔵品から美術に焦点をあて、鑑賞の楽しみを味わっていただく展示です。こちらの展示では本県で初公開となる岩倉壽の12作品を展示し、その画業を振り返りながら、独特の世界観を味わいます。

くわしくは

香川県立ミュージアム|アート・コレクション

 

これまでの「展覧会のご案内パンフレット」

こどもページはこちらをクリックただいま工事中

このページに関するお問い合わせ