ページID:7913

公開日:2021年8月2日

ここから本文です。

展覧会

香川県立東山魁夷せとうち美術館では、年間4回の「テーマ作品展」と2回の「特別展」を行っています。「テーマ作品展」は、東山すみ夫人より寄贈された魁夷の版画作品から、季節や画題、取材地などのテーマに基づいて作品を選びご紹介する所蔵作品展です。

現在の展覧会

2021年度第2期テーマ作品展
テーマ作品展は、東山魁夷(1908―1999)の版画を中心とする当館収蔵品の中から、季節や画題、取材地などのテーマに基づいて作品を選び紹介する所蔵作品展です。心ゆくまでお楽しみください。

1階展示室 風景を駆ける
今期は、1階展示室において、白馬が描き込まれた作品と、その取材地や近隣を描いた作品を紹介します。スケッチのために国内外を訪れた魁夷の、駆け巡る旅の記憶をたどります。
2階展示室 欧州への旅
2階展示室においては、ドイツや北欧など、ヨーロッパの旅から生まれた作品を紹介します。普遍の美を求める魁夷の歩みは、調和のとれた街や保護の行き届いた自然の中へ、導かれるように進んでいきます。魁夷が描く旅の情趣をお楽しみください。

会期:2021年7月15日(木曜日)~9月12日(日曜日)開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 休館日:7月19日(月曜日)、
感染拡大防止集中対策期の8月31日(火曜日)までの土・日曜日及び祝日(8月9日)、9月6日(日曜日)
 観覧料:一般310円(240円)
*( )内は20名以上の団体料金
 *高校生以下、満65歳以上の方、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料(当館受付にて証明書等をご提示ください)

 

**関連イベント**
 [ミュージアムトーク] 7月17日、8月7日・21日 [中止]、9月4日(土曜日)午前11時~11時30分
 展示室にて当館学芸員による作品解説を行います
 会場|美術館展示室*観覧券が必要です。

 

展覧会チラシ(PDF:965KB)

 

 

次回展覧会の予定

2021年度秋の特別展「岩倉 壽(いわくら ひさし)ー自然を掬う(すくう)」
2021年9月18日(土曜日)~11月7日(日曜日)

本県三豊市出身の日本画家、岩倉 壽(1936~2018)は東山魁夷と同じく日展を活躍の場として作品を発表しました。戦後間もない世代が拓いた新しい技法ー日本画の伝統的画材を用いながらも厚みのある筆遣いーで風景や静物を描き、淡くはかない自然をとらえる世界観を築きました。本展では、伝統を受け継ぎつつ切り開いた画家の軌跡をご紹介します。

 

 

これまでの「展覧会のご案内パンフレット」

こどもページはこちらをクリックただいま工事中

このページに関するお問い合わせ