ページID:2429

公開日:2021年8月6日

ここから本文です。

環境学習

お知らせ・新着情報

一覧を見る

現在、情報はありません。

環保研・学習サポートボックス

環境保全や保健衛生のための専門的な研究室の施設見学をすることができます。また、県内の小中学校を訪問するなど出前講座も実施しており、県民の皆さんに役立つ情報の発信に努めています。

学習テーマ

分野 テーマ 種別 実施場所 対象 料金 実施日
地球温暖化防止 温暖化のメカニズムを知り、二酸化炭素をはかってみよう。 体験 屋内・屋外 小5〜中3 無料 平日
大気 酸性雨が降るしくみとその影響について考えよう。 お話 屋内・屋外 小5〜中3 無料 平日
大気 大気の汚れとは?
車の排ガスをはかってみよう。
体験 屋内・屋外 小5〜中3 無料 平日
大気 ダイオキシンと私たちの暮らしについて考えよう。 見学 屋内 小5〜中3 無料 平日
音の響かない世界を体験してみよう。 見学 屋内 小5〜中3 無料 平日
家庭排水やため池・川の水質を調べよう。
汚れの源はなんだろう?
体験 屋内 小4〜小6 無料 平日
身近な川で水生生物をしらべてみよう。(5月〜9月) 体験 屋外 小4〜中3 無料 平日

水生生物調査

貸出用環境学習用資器材

小中学生や一般の県民の方々による環境学習をお手伝いするために、顕微鏡、虫眼鏡、パネル、DVDなど環境学習資器材の貸し出しを行っています。簡単な実験・実習を通して環境に対する関心を高め、広く、環境学習活動推進にお役立てください。貸し出しを希望される方は、お気軽にお電話ください。

香川県環境保健研究センタ−環境学習用資器材等貸出規程

(目的)
第1条 この規程は、香川県環境保健研究センタ−の環境学習用資器材等(以下「資器材等」という。)の貸出しに関し、必要な事項を定める。

(貸出しを受けることができる者)
第2条 資器材等の貸出しを受けることができる者は、次に掲げるとおりとする。
(1)県内の学校に通学している者
(2)県内に住所又は居所を有している者

(貸出しを受けることができる資器材等)
第3条 貸出しを受けることができる資器材等は、次に掲げるとおりとする。
(1)環境学習用資器材
(2)書籍、DVD及び資料
(3)パネル

(貸出料)
第4条 資器材等の貸出料は、無料とする。

(貸出期間)
第5条 資器材等の貸出期間は、貸出しを受けた日から起算して15日以内とする。ただし、所長が特別な理由があると認めたときは、この限りでない。

(貸出しの手続)
第6条 資器材等の貸出しを受けようとする者は、環境学習用資器材等貸出申請書(別記様式)を提出しなければならない。

(貸出しの制限)
第7条 所長は、次に掲げる者に対しては、資器材等の貸出しを行わないことができる。
(1)事実を偽って資器材等貸出承諾書の交付を受けようとし、又は受けた者
(2)資器材等を紛失若しくは著しく破損しようとし、又は紛失若しくは著しく破損した者
(3)貸出しを受ける資器材等を貸出期間内に返納しようとしない又は返納しなかった者
(4)次条各号に掲げる行為をしようとし、又はした者

(譲渡、転貸等の禁止)
第8条 資器材等の貸出しを受けた者は、次の各号に掲げる行為をしてはならない。
(1)資器材等を第三者に譲渡してはならない。
(2)資器材等を第三者に転貸してはならない。
(3)資器材等を営利行為を目的として使用してはならない。

(損害賠償の責任)
第9条 故意又は過失により資器材等を紛失し、又は破損した者は、その損害を賠償しなければならない。

(補則)
第10条 この規程に定めるものの外、資器材等の貸出しに関し必要な事項は、所長が別に定める。

附則
この規程は、平成22年6月1日から施行する。
この規程は、平成27年8月11日から施行する。

お問い合わせ

香川県環境保健研究センター 企画・情報担当
電話:087ー825ー0415
FAX:087ー825ー0408
メール:kanpoken@pref.kagawa.lg.jp

ダウンロード

このページに関するお問い合わせ

環境森林部環境保健研究センター

電話:087-825-0400

FAX:087-825-0408