選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

指定難病医療費助成制度について(申請者の方へ)

  • 平成26年5月に「難病の患者に対する医療等に関する法律」(以下「難病法」といいます。)が成立し、
    平成27年1月1日から指定難病医療費助成制度が開始され、特定疾患治療研究事業の対象疾患の
    うち指定難病に指定されたものは、新制度に移行しました。
  • この指定難病医療費助成制度の対象疾病は、令和元年7 月1 日現在、333 疾病が指定されています。
  • 香川県指定難病のうち、国指定難病として追加指定された疾病については、国指定難病に移行し
    ましたので、国指定難病での申請を行っていただくことになります。
  • 「スモン」等の特定疾患の申請手続き等については、特定疾患のページをご覧ください。

更新日:2020年5月19日

1.指定難病医療費助成制度とは

2.指定難病医療費助成の申請をされる方へ

3.指定難病医療費助成の新規申請手続き

4.令和2年度の更新申請について(重要なお知らせ)
(更新手続きは不要です。有効期間を令和3年9月30日まで延長します。)

5.受給者証と自己負担上限額管理票について

6.難病の指定医療機関と指定医の一覧

7.特定医療費(指定難病)の償還払いの請求について

8.受給者証の変更・再発行について

9.特定医療費(指定難病)における寡婦(夫)控除のみなし適用について

10.書類の提出先・お問い合わせ先 ※新型コロナウィルス感染防止のため、申請書類はなるべく郵送してください。


1.指定難病医療費助成制度とは

  1. 難病法で、医療費助成の対象となる疾病を「指定難病」といいます。
    特定疾患治療研究事業では、医療費助成の対象は56疾患でしたが、難病法では、
    指定難病として令和元年6月30日までに331疾病が指定され、令和元年7月1日から
    新たに2疾病が追加指定されました。
  2. また、香川県が独自に指定している疾患を、「香川県指定難病」といいます。この香川県
    指定難病について
    も、国の指定難病に準じた医療費助成を受けることができます。
    香川県指定難病は、「突発性難聴」「慢性腎不全(原疾病が国指定難病を除く)」
    「メニエール病」の3疾病です。



  3.                                      ◆このページのトップへ


2.指定難病医療費助成の申請をされる方へ

  1. 申請に必要な「臨床調査個人票」(診断書)の作成は、知事の指定を受けた難病の指定
    医(下記7をご覧ください。)に限ります。

  2. 知事の指定を受けた難病の指定医療機関(下記7をご覧ください。)が行う医療・調剤・
    訪問看護等に限り、医療費の助成を受けることができます。

  3. 医療費助成の対象となるのは、指定難病及び当該指定難病に付随して発生する傷病に
    関する医療及び介護です。
    • 医療の内容
      (1)診察
      (2)薬剤の支給
      (3)医学的処置,手術及びその他の治療
      (4)居宅における療養上の管理及びその治療に伴う世話その他の看護
      (5)病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護
    • 介護の内容
      (1)訪問看護
      (2)訪問リハビリテーション
      (3)居宅療養管理指導
      (4)介護療養施設サービス
      (5)介護予防訪問看護
      (6)介護予防訪問リハビリテーション
      (7)介護予防居宅療養管理指導
      (8)介護医療院サービス

  4. 医療費助成を受けるには、特定医療費(指定難病)受給者証に記載された医療機関
    (調剤薬局、訪問看護ステーションを含む)で医療等を受けた際に、「特定医療費(指
    定難病)受給者証」と「自己負担上限額管理票」を保険証と一緒に窓口で提示するこ
    とが必要です。

  5. 自己負担上限額の特例
     申請方法等詳細は、申請者の住所地を管轄する保健福祉事務所等にお問い合わせ
     ください。
    (1)人工呼吸器等装着者
      対象者は、支給認定を受けた指定難病により、継続して常時生命維持管理装置を
      装着する必要があり、かつ、日常生活動作が著しく制限されている方です。
      具体的には、次の@またはAに該当する方です。
      @臨床調査個人票の人工呼吸器欄で、「一日中施行」、「離脱の見込みなし」で、
       「生活状況」は、いずれも「部分介助」または「全介助」の状態を満たす患者
      A体外式補助人工心臓を装着している患者
      認定となった場合、申請日の翌月から自己負担上限額が1,000円になります。
    (2)高額かつ長期
      対象者は、受給者証の認定期間であって申請月以前の12か月の間に、指定難病
      に関する月ごとの医療費総額が5万円を超える月が6回以上ある方です。
      認定となった場合、申請日の翌月から自己負担上限額が高額かつ長期の金額に
      なります。

   

3.指定難病医療費助成の新規申請手続き

※新型コロナウィルス感染防止のため、申請書類はなるべく郵送してください。

  1. 申請書類は、申請者の住所地を管轄する保健福祉事務所等に郵送又は持参して下さい。
    審査の結果は、申請書類提出日の翌々月上旬にお送りできる予定です。
    認定された場合は、香川県が受付した日から医療費助成の対象となります。
    申請書と臨床調査個人票(新規)の2つが揃えば受付は可能です。

  2. 提出窓口、添付書類等については、下記「国指定難病の新規申請について」、「香川県
    指定難病の新規申請について」をご覧ください。

  3. ≪国指定難病の申請について≫

  4. ≪香川県指定難病の申請について≫

                                      ◆このページのトップへ

4.令和2年度の更新申請について

新型コロナウィルス感染症の影響を踏まえ、児童福祉法施行規則等の一部を改正する省令
(令和2年厚生労働省令第92号)第3条及び香川県指定難病医療費助成実施要綱の規定により、
今お持ちの受給者証(令和2年9月30日まで有効のもの)の有効期間を1年間延長して使用できることとしました。

※延長後の有効期限 令和3年9月30日

  • 今年度の更新手続きは不要です。
  • ただし、氏名、住所、保険証など受給者証の記載事項が変わった方や、
    今年度の住民税が昨年度より大きく減少するなどして自己負担上限額の変更を申請する方は、
    これまでどおり変更手続きが必要です。所管の窓口にお電話ください。
    (新型コロナウィルス感染防止のため、書類はなるべく郵送してください。)
  • 変更手続きをした場合は新しい受給者証を送付します。
  • 医療機関の追加については6月から手続きを簡素化します。
  • 受診者が亡くなったり、県外へ転出する場合は、速やかに「申請窓口」にお電話ください。


                                  ◆このページのトップへ
                                

5.受給者証と自己負担上限額管理票について

    認定になった場合は、受付日から医療費助成の対象となる、「特定医療費(指定難病)受給者証」
    「自己負担上限額管理票」をお送りします。
    医療機関・薬局・訪問看護ステーションで医療等を受ける際には、受給者証と自己負担上限額管理
    票を、保険証と一緒に必ず窓口にご提示ください。

6.難病の指定医療機関と指定医の一覧

7.特定医療費(指定難病)の償還払いの請求について

特定医療費支給認定の申請者が、認定の審査中等で受給者証が発行されていない間に、
自己負担上限額を超えて支払った医療費について、受給者証発行後に請求していただけます。

ご提出いただく書類は、次のとおりです。



                                ◆このページのトップへ

8.受給者証の変更・再発行について

    申請事項に変更が生じた場合や受給者証の再発行を希望される場合は、次の書類を
    申請者の住所地を管轄する保健福祉事務所等に郵送又は持参してください。

  1. 医療機関の追加
    • (令和2年5月31日まで)
    • 受給者証に記載されていない病院・診療所、薬局、訪問看護ステーションで医療等を受ける場合は、医療機関の追加申請が必要です。
      必ず、利用前に申請者の住所地を管轄する保健福祉事務所等にご連絡ください。
    • 提出書類 変更申請書(医療機関の追加)

    • (令和2年6月1日から)
    • 受給者証に記載のない医療機関でも、「難病の指定医療機関」であれば、電話連絡や追加の手続きは不要です。
      県でも、医療機関追加のための受給者証の発行は省略します。
    • 受診の際は、受給者証を必ず窓口に出し「難病の指定医療機関」であることを確認してください。
      「難病の指定医療機関」以外では医療費の助成を受けられません。
    • 受給者証に記載する指定医療機関の変更(追加・削除)は、年に1回の更新申請の際にまとめて行います。
      ただし、今年度は更新手続きがありませんので、次回の更新の際にお願いします。


  2. 氏名・住所・保険等の変更
    • 申請事項に変更が生じた場合は、変更届等をご提出ください。
    • 提出書類 変更届、 受給者証(原本)、 変更届の裏面に記載された書類

  3. 再発行
    • 受給者証を紛失又は、汚損や破損してしまった場合は、再発行申請書をご提出ください。
    • 提出書類 再発行申請書

  4. 県外からの転入
    • 特定医療費受給者証をお持ちの方が、他の都道府県から香川県に転入された場
      合は、申請書等をご提出ください。
    •  
    • 提出書類 新規申請書、 転出された都道府県発行の受給者証のコピー、
      転出された都道府県で使用していた自己負担上限額管理票のコピー、
      住民票(世帯全員の記載があり、続柄が分かるもの)、 保険証のコピー、
      世帯の所得を確認できる書類、 同意書、 マイナンバー調書

  5. 県外への転出
    • 受給者証をお持ちの方(香川県指定難病の受給者を除く)が他の都道府県に転出
      された場合は、転出先の都道府県で転入手続きをした後、変更届等をご提出くだ
      さい。
    • 提出書類 変更届(住所の変更)、受給者証(原本)
    • 香川県指定難病の受給者証をお持ちの方は、受給者証(原本)を返還してください。

    •                                 ◆このページのトップへ

9.特定医療費(指定難病)における寡婦(夫)控除のみなし適用について

    平成30年9月より、難病法に基づく特定医療費の決定にあたり、「寡婦(夫)控除のみなし適用」が実施されます。
    詳しくは、下記リーフレットをご覧ください。

                                    ◆このページのトップへ

10.書類の提出先・お問い合わせ先

    ※新型コロナウィルス感染防止のため、申請書類はなるべく郵送してください。

     ・東讃保健福祉事務所(保健対策課)
         さぬき市津田町津田930-2 大川合同庁舎3階  電話 0879-29-8265
     ・小豆総合事務所(保健福祉課)
         小豆郡土庄町渕崎甲2079-5 小豆合同庁舎東館1階  電話 0879-62-1373
     ・中讃保健福祉事務所(健康福祉課)
         丸亀市土器町東8-526  電話 0877-24-9961
     ・西讃保健福祉事務所(保健対策課)
          観音寺市坂本町7-3-18 三豊合同庁舎1階  電話 0875-25-2052
     ・香川県健康福祉総務課
         高松市番町4-1-10 県庁本館16階  電話 087-832-3272

                                        ◆このページのトップへ
[担当]
健康福祉総務課 難病等対策グループ
電話:087-832-3272
FAX:087-806-0209
メール:kenkosomu@pref.kagawa.lg.jp


現在地:ホーム>健康・福祉>現在のページ
〒760-8570 香川県高松市番町四丁目1番10号
代表電話: 087-831-1111 (直通電話番号一覧) 開庁時間:平日 8時30分〜17時15分
香川県 県章