香川県庁舎東館(文化的価値誇る防災拠点施設)

更新日:令和2年1月14日

香川県庁舎東館の耐震化について

 県庁舎東館の耐震改修工事は令和元年12月20日に完了しました。
工事期間中、御協力ありがとうございました。

○構内通路は車両対面通行に戻っています。
○県民室はM2階に戻っています。
○県庁本館・東館連絡通路【1階・2階・3階】は通行可能になっています。

●香川県庁舎東館の耐震化について(平成29年2月県議会代表質問答弁)

  ・香川県庁舎東館の耐震化について(PDFファイル53KB)

 平成27年度は、耐震や建築等の専門家(アドバイザー)の助言を得ながら、耐震改修の基本設計を実施し、建物や地盤の状況について詳細な調査を行うとともに、改修を行う範囲や方法などの技術的な課題について検討を行いました。

●香川県庁舎東館耐震改修基本設計報告書【概要版】

  ・香川県庁舎東館耐震改修基本設計報告書【概要版】(PDFファイル18729KB)
  ・分割ダウンロード

●香川県庁舎東館の耐震化について(平成28年2月県議会代表質問答弁)

  ・香川県庁舎東館の耐震化について(PDFファイル60KB)

 平成26年度、防災拠点施設としての耐震性能や庁舎としての執務機能の確保、工事費や工期、工事中の利用制限、文化的価値への影響などの観点から、各観点の重要度も勘案した総合的な検討を行い、平成26年11月県議会で、東館の耐震化工法として、高層棟塔屋を耐震補強しつつ、高層棟・低層棟ともに基礎免震により耐震化する免震改修案が最も適当であるとの考えを表明しました。
 詳しくは、次の資料(「香川県庁舎東館耐震化工法について」)をご参照ください。

●香川県庁舎東館の耐震化について(平成26年11月県議会代表質問答弁)

  ・香川県庁舎東館の耐震化について(PDFファイル66KB)

●香川県庁舎東館耐震化工法について(平成26年11月県議会総務委員会資料)

  ・香川県庁舎東館耐震化工法について(PDFファイル1472KB)
  ・分割ダウンロード

 平成26年9月に、平成25年度の香川県庁舎東館保存・耐震化検討会議報告書を踏まえ、耐震や建築等の専門家(アドバイザー)の助言を得ながら、耐震化工法の技術的検討を行い、耐震補強や基礎免震により改修する4案と改築の2案について、さまざまな観点に関する比較検討の結果(「香川県庁舎東館耐震工法案比較表」)を公表しました。


●香川県庁舎東館耐震工法案比較表(平成26年9月県議会総務委員会資料)

  ・香川県庁舎東館耐震工法案比較表(PDFファイル670KB)

●香川県庁舎東館耐震工法等検討アドバイザー

  ・香川県庁舎東館耐震工法等検討アドバイザー(PDFファイル44KB)

↑このページの先頭へ

平成25年度 香川県庁舎東館保存・耐震化検討会議について

 香川県庁舎東館は、防災拠点として重要な施設であるとともに、近代建築の記録と保存を目的とする国際学術組織であるDOCOMOMOにより、日本を代表する文化遺産として近代建築20選にも選定されるなど、高い文化的価値を有していると考えられ、また、コンクリートの劣化がそれほど進行していないことが確認されています。
 しかし、現行の耐震基準を満たしておらず、耐震化は喫緊の課題であることから、本県では、平成25年度に「香川県庁舎東館保存・耐震化検討会議」を設置し、専門的観点を踏まえつつ、東館の文化的な価値、また保存・耐震化に係る基本的な考え方及び留意すべき事項について、幅広く御審議をいただき、その結果について知事に報告をいただきました。

●香川県庁舎東館保存・耐震化検討会議報告書

 ・香川県庁舎東館保存・耐震化検討会議報告書/概要版(PDFファイル91KB)

 ・香川県庁舎東館保存・耐震化検討会議報告書(PDFファイル2,522KB)
 ・分割ダウンロード


↑このページの先頭へ

香川県庁舎東館のガイドツアーについて

 香川県では、防災拠点施設である東館の文化的価値などを知っていただくため、県職員によるガイドツアーを実施します。 東館の耐震改修工事に伴い、平成29年8月以降は東館ガイドツアーを一時休止していましたが、工事の完了に伴い、2月4日(火)から再開します。
 なお、詳細についてはこちらをご覧ください。

↑このページの先頭へ

ドコモモ・ジャーナルへの知事寄稿について

 近代建築の記録と保存を目的とする国際組織ドコモモ(本部:ポルトガル)が発行するドコモモ・ジャーナル52号(2015年3月発行)に、香川県庁舎東館の耐震化の取組みに関する浜田恵造知事の寄稿文が掲載されました。
 52号のテーマは、再利用(Reuse)、改造(Renovation)、修復(Restoration)(三つのR)であり、ドコモモインターナショナルのアナ・トストエス会長の序文によると、その狙いは、「修復や改造からより意味深い変化や再利用の手法へと進む模範となる過程を明らかにしながら、『モダン・ムーブメントの建築』に関与する手法を論じること」にあるとされています。

 ・“Efforts to Improve the Earthquake Resistance of the Kagawa Prefectural Government Office East Building”(『Docomomo Journal52−2015/01』から抜粋/英語)(PDFファイル488KB)

 ・「香川県庁舎東館の耐震化の取組み」(上記の日本語訳)(PDFファイル522KB)

↑このページの先頭へ

香川県庁舎東館の文化的価値について

 「モダニズム建築の中の香川県庁舎」「香川県庁舎4つの見所」などの観点から香川県庁舎東館の文化的価値を紹介します。


↑このページの先頭へ

香川県庁舎東館耐震改修基本設計報告書【概要版】(分割ダウンロード)

 概要版目次(PDFファイル94KB)

 1 施設概要と設計趣旨(PDFファイル2219KB)

 2 構造計画(PDFファイル2736KB)

 3 非構造部材計画(PDFファイル3056KB)

 4 電気設備計画(PDFファイル893KB)

 5 機械設備計画(PDFファイル1902KB)

 6 施工計画と工事工程(PDFファイル1859KB)

 7 執務環境の改善(PDFファイル2744KB)

 8 文化的価値の保存(PDFファイル3913KB)

香川県庁舎東館の耐震化工法について(分割ダウンロード)

 表紙・本文(PDFファイル121KB)

 別表 香川県庁舎東館耐震化工法案総合評価比較表(PDFファイル322KB)

 別表 香川県庁舎東館耐震化工法案パース(PDFファイル485KB)

 参考資料1 免震工法について(PDFファイ181KB)

 参考資料1-2 道府県行政庁舎の主な免震改修事例(PDFファイル104KB))

 参考資料2 東館の文化的価値について(PDFファイル193KB)

 参考資料3 東館耐震化のライフサイクルコストの試算について(PDFファイル76KB)

香川県庁舎東館保存・耐震化検討会議報告書(分割ダウンロード)

 表紙・目次(PDFファイル20KB)

 T.検討会議の趣旨と経緯(PDFファイル43KB)

 U.東館の文化的価値(PDFファイル308KB)

 V.東館の保存・耐震化に係る基本的な考え方及び留意すべき事項等(PDFファイル156KB)

 W.まとめ(PDFファイル45KB)

 資料目次(PDFファイル14KB)

 資料1 香川県庁舎東館保存・耐震化検討会議委員名簿(PDFファイル38KB)

 資料2 香川県庁舎東館保存・耐震化検討会議設置要綱(PDFファイル39KB)

 資料3 検討会議議事録(PDFファイル519KB)

 資料4 香川県庁舎の評価と香川県の動き(PDFファイル646KB)

 資料5 補強例4例の文化的価値への影響一覧(PDFファイル2,857KB)

 参考資料目次(PDFファイル10KB)

 参考資料1 香川県庁舎関係資料一覧(PDFファイル98kB)

 参考資料2 類例調査(PDFファイル5,926KB)

 会議風景写真(PDFファイル2,608KB)

↑このページの先頭へ



↑このページの先頭へ

【担当】
財産経営課 総務・施設管理グループ
電話:087-832-3075
FAX:087-806-0213
メール:zaisankeiei@pref.kagawa.lg.jp


現在地:ホーム>現在のページ
〒760-8570 香川県高松市番町四丁目1番10号
代表電話: 087-831-1111 (直通電話番号一覧) 開庁時間:平日 8時30分〜17時15分
香川県 県章