ページID:12298

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

管内農業の状況

管内の概況


満濃池

当管内は香川県の中西部に位置する3市5町からなり、南は讃岐山脈を境に徳島県に接し、北の瀬戸内海に向かって緩やかに傾斜し、中間に低い山里が点在しながら平野が広がっています。耕地面積は11,119haで、気候は瀬戸内式気候に属し、年平均気温16.0℃で年間降水量は1,090.7mmと少なく、農業用水は貯水量1,540万トンの満濃池をはじめ、各地に点在する大小のため池と香川用水に頼っています。

社会・経済条件

交通道路網は瀬戸大橋、高松自動車道、国道11号・32号・319号・377号・438号、さぬき浜街道、中讃広域農道、JR四国、高松琴平電鉄等があり、比較的恵まれた条件にあります。
また、管内には金刀比羅宮や真言宗総本山善通寺、滝宮天満宮などの神社仏閣があります。

農業情勢

農業従事者の減少や高齢化に伴う農業労働力の低下、農村の混住化の進行、農村集落の機能低下など、農業を取り巻く環境の変化は著しいものがあります。
管内では水稲と園芸作物や畜産などを組み合わせた複合経営や、施設園芸などの集約的経営により経営規模の零細性を補う生産性の高い農業が展開されています。

農業情勢

管内市町ホームページ

このページに関するお問い合わせ