ページID:10836

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

豊島問題

お知らせ・新着情報

一覧を見る

現在、情報はありません。

「消費は美徳」という言葉が使われたのは、昭和30年代以降の高度成長時代のことです。私たち日本人は、戦後の経済発展の中で、いつの間にか、大量に消費して大量に捨てることが当たり前、豊かさの証拠でもあるかのように考え始めました。
豊島問題は、そうした社会がもたらした戦後最大級の不法投棄事件と言われています。そして、この問題は、あまり重要視されてこなかった廃棄物の問題を、一気に我が国最優先の環境問題にクローズアップさせ、廃棄物政策の見直しを行う引き金となった問題でもあります。
豊島に不法投棄された廃棄物の処理は、国の公害等調整委員会の調停に基づき、香川県が実施することになりましたが、この問題は、国家レベルの課題である「持続可能な社会の構築」、特に資源循環型社会形成に向けた取り組みとして、すべての人に、企業・消費者・行政関係者といったそれぞれの立場で考えていただきたいと思います。

新着情報

 

豊島情報(令和4年1月25日11時00分更新)

  1. 廃棄物等の掘削・運搬は平成29年3月28日に終了しました。
  2. 豊島施設の解体工事(第Ⅰ期工事)は平成30年3月26日に終了しました。
  3. 自動測定情報の更新は令和3年9月30日に終了しました。
  4. 高度排水処理施設の洗浄作業は令和3年10月29日に終了しました。高度排水処理施設は現在、解体・撤去作業を実施しています。
  5. 豊島処分地における地下水浄化対策及び撤去工事の概況については「豊島処分地における地下水浄化対策及び撤去工事の概況」をご覧ください。
  6. 1月24日の貯留トレンチの貯留量は7455㎥です。
  7. 豊島処分地内の雨量計は停止しました。今後は相関の高い豊島雨量局のデータを活用し、雨量を管理することとしました。なお、豊島雨量局のデータについてはかがわ防災Webポータル(外部サイトへリンク)からご確認ください。
  8. 区画9の貯留水は、水質測定結果が放流時の管理基準を満たしていたため、1月21日から放流しています。放流予定量は約1100㎥です。

関連資料

 

香川県香川の環境廃棄物対策課

このページに関するお問い合わせ