ページID:18650

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

依存症

依存症とは

依存症とは、アルコール、薬物、ギャンブル、ネット・ゲーム等への欲求を抑えきれずに、使用や行動をしてしまう、「やめたくても、やめられない」状態の心の病気のことをいいます。

家族や周囲の人を巻き込みながら徐々に進行し、最終的には自分自身に大きなダメージをもたらします。

誰でもなる可能性があり、「根性」や「意志」の問題ではありません。回復可能な病気です。

もし、「依存症なのでは…」と気になられた際は、お気軽にご相談ください。

 

来所相談

〇ご本人へ

まずはご本人のお気持ちを聞くところから始めます。希望する方には以下のワークブック形式の回復プログラムを用意しています。ぜひ、ご相談ください。

アルコール・薬物依存症の方(HIMARPP)(PDF:386KB)

ギャンブル等依存症の方(SAT-G)(PDF:411KB)

 

〇ご家族へ

ご家族だけの相談もできますので、ぜひご連絡ください。

 

まずは、お気軽にお問合せください。

TEL:087-804-5566

来所されての相談は完全予約制です。
※ご相談は無料で、秘密は厳守します。

 

依存症家族教室

アルコール・薬物・ギャンブル等の問題を持つご家族の方を対象に家族教室を実施しています。
初めて参加される方は、担当者が事前にお話をお聞きしますのでご連絡をお願いします。

  • 対象依存症者(アルコール・薬物・ギャンブルなど)をもつご家族
  • 参加費無料
  • 問い合わせ先TEL:087-804ー5566

 

依存症者をもつ家族を対象としたグループワーク

薬物依存症者をもつ家族が集い、依存症の理解を深めるとともに、自由な雰囲気の中で話し合うことで、家族が元気を取り戻し、当事者の回復を支援することを目的にグループワークを実施しています。
初めて参加される方は、担当者が事前にお話をお聞きしますのでご連絡をお願いします。

  • 対象薬物依存症者をもつご家族
  • 参加費無料
  • 問い合わせ先TEL:087-804-5566

 

ネット・ゲーム依存家族教室

ネットやゲームの使用が生活の中心になってしまうと、日常生活や社会生活にさまざまな支障が生じ、この状態が続くと、ご本人だけではなかなか解決できなくなり、コントロール障害を起こし、家族関係をも変えてしまう可能性があります。ご家族がネット・ゲーム依存に関する正しい知識を身につけ、適切な対応方法を学ぶことは、ご本人のネット・ゲームとのよりよい付き合い方への第一歩になります。
同じ悩みを持つご家族同士が学習し、話し合いや情報交換等をする中で、ご本人への対応の仕方などを一緒に考えてみませんか?

  • 参加を希望される方は、まず、お電話でお申し込みください。相談員との個別面接後、ご参加いただけます。
  • 問い合わせ先TEL:087-804-5566
  • 参加される皆さまが安心して参加できるよう、新型コロナウィルス感染防止対策にご協力ください。なお、新型コロナウィルスの感染状況によっては中止となる可能性があります。
  • 参加費無料
  • ネット・ゲーム依存家族教室募集チラシ(PDF:502KB)

 

女性アルコール依存症者のグループ活動「オリーブの会」

女性の意識の変化やライフスタイルの多様化により、女性にも飲酒の機会や量が増加してきました。中には、飲み方を誤り、アルコール依存症になっていく人もみられます。
アルコール依存症になると、社会や家族の理解や協力が得られにくく、治療を一層困難なものにしてしまいます。
こういった、さまざまな問題をグループで話し合いながら、アルコール依存症を克服していこうとする会です。
オリーブの会は昭和62年に精神保健福祉センターで発足しましたが、現在は自助グループとして当事者の方々が主体的に活動されています。

  • 日時:第2火曜日14時から16時と第4水曜日14時から16時
  • 場所:香川県高松合同庁舎内4階第二会議室
  • 対象:女性アルコール依存症者
  • 内容:体験発表に基づくグループミーティング
  • 費用:無料

依存症相談拠点

当センターは、香川県の依存症相談拠点です。
アルコール・薬物・ギャンブル等の問題を抱えて困っているご本人、ご家族、関係機関の方からのご相談をお受けしています。

リンク

このページに関するお問い合わせ