トップページ » 研究所案内 » 方針・目標
研究所案内
  • 受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます
  • 展示販売コーナー
  • 研究生・研究員・修了者の声
  • 香川県
  • 香川県立ミュージアム
  • 香川県文化会館
  • 香川県立高松工芸高等学校
研究所案内
【方針】
重要無形文化財保持者(人間国宝)の漆芸技術及び香川県の伝統的工芸である蒟醤(きんま)、存清(ぞんせい)、彫漆(ちょうしつ)などの技法を保存するため、その後継者の育成につとめるとともに、漆芸に関する実習、研究を行い技術の向上を図る。

【目標】
1. 素地制作から、きゅう漆工程を経て加飾に至る総合された漆芸技術の指導及びデザイン力の養成
2. 模刻、試作その他漆芸に関する幅広い研究と、技術の向上
3. 自然や先覚から学ぶ姿勢と、自ら探求し創造していく態度の涵養

研究所案内を見る>>

香川県漆芸研究所の所在地を見る>>


香川県漆芸研究所
〒760-0017 香川県高松市番町1丁目10番39号
Tel:087-831-1814  Fax:087-831-1807
Copyright(c)Urushi Lacquer Ware Institute 2010.All rights reserved.