ページID:7158

公開日:2016年2月17日

ここから本文です。

狂犬病に気をつけて

海外では動物由来感染症に気をつけて!

海外においては、狂犬病による死者が急増しています。世界各地で毎年3万から5万人の死者が報告されており、最近の小型犬ブームを背景に、狂犬病予防注射の効果が十分期待できない場合がある幼齢犬の輸入頭数が増加傾向にあり、水際での防疫が重要になっています。

狂犬病は、日本では撲滅された感染症ですが、オーストラリアを除き、欧米を含む世界の大陸で、現在も死亡患者が出ている感染症です。狂犬病の犬にかまれて感染することが多いので「犬」と名がついていますが、他の哺乳動物からも感染することがあります。アメリカではアライグマやコウモリ、ヨーロッパではキツネ、アフリカではジャッカルやマングースが有名です。これらの動物は感染により凶暴になり、ちょっとしたことで人をかみます。また、ネコや馬、牛なども原因になることがあります。
狂犬病の犬は、流れるように多量のヨダレをたらし、物にかみつく、無意味にうろうろするなど独特の行動をします。
日本人は犬やネコをみると無邪気になでようとしますが、野犬や野生動物にはむやみに手を出さないようにしましょう。また、犬の前で急に逃げると追いかけてかみつくことがありますので、急な動きをしないようにしましょう。

1 病原体

狂犬病ウイルスはラブドウイルスの一種です。

2 感染様式

感染した動物にかまれた傷口からウイルスが侵入します。
ウイルスは軟部組織で増殖し、神経を伝わって脳に移行し、中枢神経症状があらわれます。脳から再び神経を伝い、唾液腺へ移行して唾液中にウイルスが排出されるようになります。

3 症状

ヒトの場合、潜伏期間は9日から数年で通常は20から60日程度です。発病率は32〜64%です。発病するかどうかはかまれた傷口の大きさや体内に入ったウイルス量などで大きくかわります。

症状は、発熱、頭痛、全身倦怠、嘔吐などの不定症状で始まり、かまれた部位の異常感覚があります。

ついで、筋肉の緊張、幻覚、けいれん、嚥下困難などが起きます。液体を飲むとのどがけいれんを起こし、非常に苦しいため水を怖れるようになります(このため狂犬病を恐水病ともいいます)。犬の遠吠えのようなうなり声をあげ、大量のヨダレをながし、昏睡、呼吸麻痺が起き死亡します。

4 治療方法

狂犬病のおそれのある動物にかまれたら、すぐに傷を水でよく洗い、信頼できる病院でできるだけ早く傷の処置とワクチンを接種します。(暴露後接種)いったん発病したら治療法はなく、100%死亡します。

5 狂犬病の動物について

狂犬病の最も大きな感染原因は犬です。
犬は、狂犬病に感染すると1〜2週間の短期間で発病します。狂犬病の犬は、むやみに歩き回り、柱などの物体にかみついたり、地面を無意味に掘る、狼のような特徴的な遠吠えをするなどの異常行動をとります。また、流れるようにヨダレを流すようになります。(唾液の分泌の増加)。この時期の犬は攻撃的で、ちょっとした刺激でかみつきます。また、水を飲むとのどがけいれんし苦しむため、水を極端に怖れるようになります。やがて、足腰が立たなくなり、うつろに宙をながめるようになり、死亡します。
犬以外の動物として、アメリカでは人をかむ種類のコウモリやアライグマが、ヨーロッパでは森林部のキツネが、アフリカではジャッカルやマングースが感染源になることがあります。

感染症などの病気に関する相談はお近くの保健所等にご相談下さい。

相談窓口

相談窓口 電話番号 住所
香川県小豆総合事務所 保健対策課 0879−62−1373 土庄町渕崎甲2079−5
香川県東讃保健福祉事務所 保健対策課 087−831−1531 高松市番町5−4−15
香川県中讃保健福祉事務所 保健対策第1課 0877−24−9962 丸亀市土器町東8−526
香川県西讃保健福祉事務所 保健対策課 0875−25−2052 観音寺市坂本町7−3−18
高松市保健所 感染症対策室 087−839−2870 高松市桜町1−10−27
香川県健康福祉部 薬務感染症対策課 結核・感染症グループ 087−832−3303 高松市番町4−1−10

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部薬務感染症対策課

電話:087-832-3302,3303,3304

FAX:087-861-1421