ホーム > 組織から探す > 知事公室国際課 > 香川県パスポートセンター > 旅券(パスポート)用写真について

ページID:25055

公開日:2021年6月21日

ここから本文です。

旅券(パスポート)用写真について

パスポートセンターには、自動証明写真機を設置しています。

写真は、申請受付時にサイズを確認させていただきます。申請書に貼らずにお持ちください。

 

  • 写真の規格は、渡航先での出入国審査がスムーズに行えるよう、国際基準に従い定められています。
  • 提出された写真がそのまま旅券に転写されますので、下記の規格にあった写真をご用意ください。

パスポート用写真の規格

規格外の写真は受付できません。

  • 申請者本人のみが正面を向いて撮影されたもの
  • 申請日前6か月以内に撮影されたもの
  • フチなしで各規格寸法を満たすもの(顔の寸法は頭頂から顎まで)
  • 無帽であるもの
  • 背景(影を含む)がないもの
  • 輪郭が露出しているもの
  • 目の周辺に、髪の毛、マスク、眼鏡、つけまつげ等の一部や陰が入っていないもの
  • カラーでも白黒でも可

適当な写真例

旅券用写真についてのお知らせ(外部サイトへリンク)

旅券用写真についてのお知らせ(PDF:4,123KB)

 

背景が無地の淡い色(グラデーション不可)で、背景と顔(髪)とのコントラストがはっきりしたものをご用意ください。また、顔や背景に影が写っていないことをご確認ください。

不適当な例

不適当な写真の場合は、撮り直しをお願いすることがあります。

服装・装飾品等

  • 帽子やヘアバンドなどにより頭部が隠れているもの
  • 装飾品で目・耳・鼻・唇などが隠れているもの
  • カツラ(ウイッグ)などにより実際の容姿や雰囲気が変わるもの
  • タートルネック、パーカーのフード、首を覆うもの、衣服などにより顎などの顔の一部が隠れているもの
  • 顔の輪郭が隠れるもの
  • 髪が目にかかっているもの

顔の向き、表情等

  • 傾いているもの
  • 横を向いているもの
  • 口角が上がるなどにより実際の容姿と著しく異なるもの

背景

  • 背景が柄模様であったり、凹凸のあるクロスが写りこんでいるもの
  • 背景に異物が写りこんでいるもの
  • 背景の色が濃いもの
  • 頭、髪、服装等と背景の境界が不明瞭なもの

  • カラーコンタクトや瞳のフチを広げるコンタクトを装着したもの
  • フラッシュなどの影響により瞳が赤く写ったもの
  • 意図的にフラッシュやライトの形状が写りこんだもの

眼鏡

(より確実な本人確認のため、眼鏡を外した顔写真を推奨します。)

  • 色付きの眼鏡やサングラスをかけたもの
  • 照明が眼鏡に反射したもの
  • 眼鏡のフレームが目にかかっているもの

  • 顔や背景に影があるもの
  • つけまつげ、まつげエクステの影があるもの

撮影品質

  • ピンぼけや手ぶれにより不鮮明なもの
  • てかりやムラがあるもの

画像加工・画像処理

  • 目を大きくしたり、顔のパーツが変形したもの
  • 変形やマスキングなどの画像処理をほどこしたもの
  • 左右反転した写真

画像・印刷品質

  • ノイズ(画像の乱れ)があるもの
  • ジャギー(階段状のギザギザ模様)があるもの
  • ドット(網状の点)やインクのにじみがあるもの

髪のボリュームが大きい場合

目から顎までの幅と同程度の幅を目から上方髪の方にとり、その部分を頭頂とみなせるよう、サイズを調整してください。

乳幼児の撮影について

補助者の身体の一部が写りこんでいる場合や目を閉じている場合は、不適当です。顔の向きや手ぶれにも注意してください。
座れない場合は、無地で淡い色のシーツなどに寝かせて真上から撮影した写真でも問題ありません。

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室国際課

電話:087-825-5111

FAX:087-825-5115