ページID:12380

公開日:2021年6月22日

ここから本文です。

学生からのメッセージ

学生自治会長 藤本 莉子さん

農業大学校は2年間のカリキュラムで、農業の基礎学生自治会スポーツ大会の様子から専門的な知識を学ぶことができる講義の他、様々な実習を通して先進的な管理技術も習得できます。さらに、農耕車限定の大型特殊自動車やフォークリフトなど、将来に活かせる資格や免許の取得も可能です。

本校の学生自治会では、新入生歓迎の行事(4月)や四国の農大が集まって交流・親睦を深める農学連スポーツ大会(10月)、学校で育てた農作物の収穫祭(11月)などを実施しています。

農大に入学して、私たちと一緒に充実した学校生活を送りましょう。

野菜園芸コース 上本 颯人さん

野菜園芸コース農場実習の様子私は、様々な農業の形に触れたいという思いから農業大学校に進学しました。イチゴの栽培に興味があり、また、その他いろいろな品目が学べるため野菜園芸コースを選択しました。

卒業後も、農業関連の仕事に就職してさらにたくさんの農業に触れていきたいと思っています。農大は、そのための知識を得るのに最適な環境です。

本県の主要野菜のうち、露地品目ではレタス、ブロッコリーなどの葉茎菜類、ニンジン、大根などの根菜類のほか豆類なども栽培しています。施設品目ではトマト、ナス、キュウリのほか、香川県独自のらくちん栽培によるイチゴもあり、県内で生産されている品目を幅広く学ぶことができます。

花き園芸コース 大西 鈴葉さん

花き園芸コース農場実習の様子私は将来、花を見たり、購入した人が笑顔になるような花を育てたいと思い、花き園芸コースを専攻しました。
農大では、知識や技術を広く深く学ぶことができます。私のような普通高校出身でも、楽しく学ぶことができています。
将来の夢に向かって。資格取得や実習など、様々なことに頑張りたいと思います。

県内の主要花きであるキクやカーネーションの切り花はもちろん、ポインセチア、シクラメン、サイネリア等の鉢物やパンジー、サルビア等の花壇苗の栽培方法を、実習と講義を通じて学習します。

また、県農業試験場等で開発された新しい技術やオリジナル品種を利用したプロジェクト活動も行っています。

果樹園芸コース 福井 雄大さん

果樹園芸コース農場実習の様子僕は普通科の高校で、農業とは無縁の高校生活を過ごしていました。そのため、入学してから勉強についていけるかなど、たくさんの不安を抱えていましたが、先生や先輩方が優しく丁寧に指導をしてくださるので、楽しく授業や実習で学ぶことができています。

この場所でしか学べないことが多くあると思います。是非、一度足を運んでみてください。

香川県の主要な果樹であるカンキツ、ブドウ、モモ、カキ等に加え、キウイフルーツは県のオリジナル品種をそろえています。さらに最近注目されているオリーブなど、幅広い品目について実習と講義を通じて栽培方法を学びます。

実習園ではスピードスプレイヤーを用いた防除作業やパワーショベルによる改植作業なども学ぶことができます。

造園緑化コース 藤田 祟汰さん

造園緑化コース農場実習の様子私は、幼い頃から造園関係の仕事に就くことが夢で、高校でも造園を専攻していました。農大での授業や実習では、より深く細かい部分まで学ぶことができ、とても有意義な時間を過ごしています。

また、各種の資格取得もできるので、多くの資格を取り、希望する造園会社に就職できるよう頑張りたいと思っています。

緑化木等の育成や造園に関する設計、施工、管理の基礎について学ぶとともに、校内で実際に作庭(見本庭園など)や庭園管理を実習します。

また、造園技能士(2・3級)の取得に向けた講義・実習を行うほか、希望により、小型移動式クレーン、玉掛けなどの資格取得の機会もあります。

畜産コース 森安 諒七朗さん

畜産コース農場実習の様子私は、高校時代から畜産関係の仕事に就きたいと考えていましたが、どの家畜を専門にするか迷っていました。そんな時、本校の畜産コースでは主要な家畜を全て学べることを知り入学しました。

畜産試験場や先進的経営者の下で実習ができ、基本から専門的技術を学ぶことができます。また2年間の学生生活で様々な資格を取得し、将来の仕事を豊かなものにしたいと思います。

畜産全般の基礎知識と家畜飼養管理技術、畜産環境等について学ぶとともに、他コースとの農場実習を共有して学生間の「絆」を築いていきます。

また、畜産試験場や先進的経営者における実習を重視するとともに、家畜人工授精師等の資格を取得できる特別講習会も受講できます。

このページに関するお問い合わせ