ページID:8033

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

実習紹介「木彫」

1年時で受講する木彫の実習は、年間を通し毎週火曜日午前に実施しています。指導員は、漆芸作家の笠居久男先生です。実習では手板での練習の後、花台、丸盆などの作品に取り組みます。
まずは手板で地文(雷文、青海波、麻葉繋など)の彫りを学びます。大まかな下描きをした後、細かい模様は目測で彫れるようひたすら練習を重ねます。次に、花などの自然物の模刻をして表現の幅を広げます。香川漆芸の魅力のひとつは精緻な彫りですので、木彫実習で基礎技術をしっかり習得します。また、彫りに必要不可欠な彫刻刀の研ぎも、木彫実習で身に付けます。
彫り上がった作品は、拭き漆をして仕上げます。最終作品は、研究生がそれぞれでデザインした丸盆で、3月の修了展に出品します。

木彫実習の様子


実習室の様子です。精緻な彫りのため、ライトで手元を照らして行います。


笠居先生の彫りを見て、いろいろなことを学び取ります。


一番よく使う小刀の研ぎをする研究生。彫刻刀の手入れは、欠かせない大切な仕事です。


手板で何度も何度も彫りの練習。
漆を彫るための下積みとなります。


地文を彫る時は、大まかな下描きのみ。細かい模様は目測で彫れるようになるまで、繰り返し練習します。


1年間で習得した彫りの技術をつくした丸盆。

入所をお考えの方 修了生の進路について 修了生作品ライブラリー

受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます 展示販売コーナー
 研究生・研究員・修了者の声

香川県 香川県立ミュージアム 香川県文化会館 香川県立高松工芸高等学校(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ