ホーム > 組織から探す > 県立ミュージアム > 瀬戸内海歴史民俗資料館 > 展示 > テーマ展示 > 昭和子ども文化展-遊び楽しむ子どもたち-

ページID:7876

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

昭和子ども文化展-遊び楽しむ子どもたち-

昭和の子ども大人の誰もが子ども時代を経験していますが、子ども時代に夢中になって遊んだことや、流行のシールなどをコレクションした体験は、大人になってから同じことをしても当時の感覚・感動を得ることはできません。

それぞれの世代の子どもたちが、かつて夢中になって遊んだ流行の遊びやおもちゃなどを取り上げるとともに、家庭や地域社会が行う子どもに関する年中行事や学校などにも焦点をあて、平成・令和と元号が変わり、遠くなりつつあり懐かしい時代となった、昭和の子ども文化の一面を紹介します。

展示詳細
日時 令和2年3月20日(金・祝)~5月24日(日曜日)
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日、月曜日が祝日の場合は翌火曜日、ただし5月4日(月曜日)は開館
会場 瀬戸内海歴史民俗資料館 第9・10展示室
主な展示資料
  1. 様々な遊び道具と流行に関する資料
  2. 学校の思い出に関する資料
  3. 子どもに関する年中行事に関する資料
資料点数 約100点
関連行事  

テーマ展示一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る

展示

建物紹介(日本建築学会賞などを受賞した当館建築を紹介。)

ボランティア(展示解説・資料整理・環境整備などの活動を紹介。)

団体利用

周辺施設

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせ