テーマ展示

板子一枚下は地獄-瀬戸内海の海難-

  広島神社奉納難船絵馬 明治15年(1882)当館蔵
 

  江戸時代、大坂や江戸が大消費都市として発達し、都市と地方の海上交通網が整備されるに伴い、瀬戸内海には多くの廻船が往来するようになりました。また瀬戸内海に面する地域で生活している人たちで、このような廻船に乗り込み船働きをする人たちも多くいました。廻船による海上輸送は、時として自然の脅威にさらされ、当時は気象予報や航路標識も未整備であったため、現在以上の危険と隣り合わせの航海でした。

本展では館蔵資料の庄屋家が所蔵していた海難文書や、難船絵馬など航海の安全祈念に関する資料を展示し、かつての海上交通の様子や、当時の人たちが海難に対し、どのように立ち向かい、また防止に努めていたかを紹介します。

日時 令和元年9月21日(土)~11月24日(日)
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
毎週月曜日、月曜日が祝日の場合は翌火曜日
会場 瀬戸内海歴史民俗資料館 第9・10展示室
主な展示資料

① 直島の海難文書

② 津田村北山の勝之助異国漂流関係文書

③ 難船絵馬(なんせんえま)

④ 近現代の海難とその防止

⑤ 海底からの引き上げ

    
資料点数 約80点
関連行事 【れきみん講座】
10月12日(土)13時30分~15時
講師 芳澤直起(瀬戸内海歴史民俗資料館主任専門職員)

【展示解説会】すべて11時~11時45分 会場:当館 第9・10展示室
①9月21日(土曜日) ②10月26日(土曜日)③11月9日(土曜日)
※事前申し込み不要。
                                                                                                               
ページの先頭へ