ホーム > 交通指導取締り情報 > 06月28日(金曜日)

ページID:19276

公開日:2024年6月21日

ここから本文です。

交通指導取締り情報

06月28日(金曜日)

◎今日は、横断歩行者妨害取締り強化日です。
○朝は、東かがわ・観音寺警察署管内ほか県内8か所において、横断歩行者妨害などの

交差点関連違反を重点に交通指導取締りが行われます。
☆横断歩道付近に歩行者がいるにもかかわらず、減速せずに横断歩道を通過する車両を見掛けます。
横断歩道に接近する場合は、横断しようとする歩行者などが絶対にいない場合以外、

横断歩道の直前で停止できる速度で進行しなければなりません。
横断歩道付近を歩いている歩行者を発見したものの、横断はしないと安易に判断してはいけません。
減速せずに通過しようとすると、横断歩道を渡りだした場合、すぐ止まれずに事故を起こす可能性があります。
横断歩道では、歩行者が絶対的に保護されます。
歩行者に優しい運転を心掛けましょう。

 

○昼間は高松南・琴平警察署管内ほか県内10か所において、横断歩行者妨害などの

交差点関連違反を重点に交通指導取締りが行われます。
☆車を運転中、前方の横断歩道を横断しようとしている歩行者を発見した場合、

あなたはどのような対応をとりますか。
まだ通り抜けられるからと、歩行者の前を通過するのは非常に危険です。
また、クラクションを鳴らし、歩行者を止めて通行するなどは、もってのほかです。
歩行者が横断しているときや、横断しようとしているときは、

横断歩道の手前で一時停止して歩行者に道を譲らなければなりません。
横断歩行者の保護は、最も重要な基本的ルールです。
歩行者の保護を第一に考えた思いやりのある運転に努めましょう。

 

○夜間は、高松北・高松東・観音寺警察署管内において、飲酒運転などを重点に交通指導取締りが行われます。
☆飲酒運転で事故を起こした場合、自己に降り掛かる影響は、免許の取消し処分だけではありません。
会社から懲戒解雇などの厳しい処分を下されて収入が途絶えたり、

また、保険金も支払われない場合は、治療費が自己負担となり生活破綻に陥ったりすることも考えられます。
さらには、テレビや新聞などで報道され、家庭が崩壊する可能性も考えられます。
飲酒運転は、自分や周囲の人の人生までも破壊する行為です。
絶対にやめましょう。

 

 

●「飲酒運転根絶BOX」へのご協力のお願い
香川県内の飲酒運転に関する情報や飲酒運転の根絶に向けた情報等を受け付けています。
詳しくは、香川県警察ホームページに設置している「飲酒運転根絶BOX」を確認して下さい。
メールをお待ちしておりますので、ご協力をお願い致します。

 

ページトップへ