ホーム > 組織から探す > 統計調査課 > 統計総合 > うどん県統計情報コーナー > うどん県統計情報コーナー(「そば・うどん店」の事業所数)

ページID:6990

公開日:2019年10月31日

ここから本文です。

うどん県統計情報コーナー(「そば・うどん店」の事業所数)

「そば・うどん店」数は全国第1位

人口1万人当たり「そば・うどん店」の事業所数 5.60事業所

香川県には「そば・うどん店」がどれだけあるのでしょうか。
平成28年に行われた経済センサス−活動調査(総務省)によると、香川県は人口1万人当たり「そば・うどん店」数が5.60店と、全国第1位です。次いで山梨県(4.47店)、群馬県(4.32店)で、全国平均は2.30店となっています。
香川県は全国平均の約2.4倍の店があることになります。(表)

※経済センサス−活動調査の部門分類は日本産業分類によるため、「そば・うどん店」数の調査となっています。

なお、この「そば・うどん店」は「飲食業」に分類される事業所を計上しています。
製麺所の中でうどんが食べられる、いわゆる「製麺所タイプ」のうどん店が香川県にはありますが、「製造業」に分類される場合もあるため、これらを含めると、もっとたくさんのうどん店があるのでないかと考えられます。

人工1万人当たり「そば・うどん店」事業所数の表

香川県内の市町別に、人口1万人当たりの「そば・うどん店」の事業所数をみると、琴平町が14.5店と最も多く、次いでまんのう町(11.0店)、観音寺市(6.6店)となっています。人口1万人当たりの「そば・うどん店」は、主に中讃地区、西讃地区で多くなっています。(図1)

図1 人口1万人当たり事業所数(市町別)

香川県ではどのような種類の飲食サービス業の割合が多いかを、特化係数(※)でみました。これによると、「そば、うどん店」が2.37と最も高く、次に「喫茶店」となっています。(図2)

※特化係数は、全国の構成比(全体に占める各項目の割合)を1としたときに、香川県の各項目の構成が全国の何倍になるかを表した数字で、1以上であれば「全国より特化している」といえます。

図2 飲食サービスの特化係数グラフ

このページに関するお問い合わせ

政策部統計調査課

電話:087-832-3145

FAX:087-806-0224