ホーム > 組織から探す > 統計調査課 > 統計総合 > うどん県統計情報コーナー > うどん県統計情報コーナー(うどん用小麦粉使用量)

ページID:6991

公開日:2021年3月22日

ここから本文です。

うどん県統計情報コーナー(うどん用小麦粉使用量)

うどん用小麦粉の使用量は全国第1位

うどん用小麦粉の使用量 59,643t(平成21年)

香川県では、うどんを生産するために、どれぐらいの小麦粉を使用しているのでしょうか。
平成21年に行われた「米麦加工食品生産動態等統計調査」(農林水産省総合食料局)によると、香川県のうどん用小麦粉の使用量は59,643tで、全国第1位です。次いで埼玉県、群馬県の順となっています。香川県は2位の埼玉県の2倍以上の使用量になっています。(図1)

※「米麦加工食品生産動態等統計調査」(農林水産省総合食料局)は平成21年調査をもって廃止されました。

図1 うどん用小麦粉使用料(平成21年)

また、全国のうどん用小麦粉の使用量と比較すると、平成21年は香川県の使用量は全国の使用量の約23%を占めています。(図2)

図2 うどん用小麦粉使用料の推移(全国・香川県)

香川県では、うどん用小麦粉のうち、ゆでうどんとして使われるのが平成21年で全体の64.7%となっています。

図3 うどん用小麦粉の使用内訳(香川県)

なお、令和元年産の香川県産小麦の作付面積は2,000haとなっており、現在では香川県で生産される小麦のすべてが「さぬきの夢2009」となっています。(図4)

香川県産小麦の作付面積

このページに関するお問い合わせ

政策部統計調査課

電話:087-832-3145

FAX:087-806-0224