ホーム > 組織から探す > 統計調査課 > 統計総合 > うどん県統計情報コーナー > うどん県統計情報コーナー(「ヒマワリ」の出荷量)

ページID:7005

公開日:2020年3月3日

ここから本文です。

うどん県統計情報コーナー(「ヒマワリ」の出荷量)

178万本(平成29年産)−全国3位−

香川県農政水産部の調査結果から、平成29年の切り花用の「ヒマワリ」の出荷量をみると、178万本で全国3位となっています。
主な生産地は三豊市で県内の約8割を占めています。三豊市では元来、冬から春にかけてマーガレットの栽培が盛んですが、夏場に栽培できる花としてヒマワリも広まりました。
これまで、ヒマワリというと飾るには大きく切花には不向きでしたが、これを小さく、花粉が出ないよう品種改良されたものが現在は流通しています。花びらが茶色いものやオレンジ色のもの、花弁が多いものなど珍しい品種もあります。また、まんのう町仲南地区もヒマワリの産地として知られ、こちらでは採油用のヒマワリが作られています。

ヒマワリ

このページに関するお問い合わせ

政策部統計調査課

電話:087-832-3145

FAX:087-806-0224