香川県立白鳥病院ロゴマーク  香川県立白鳥病院
白鳥病院外観白鳥病院受付白鳥病院看護

整形外科


診療内容


  • 当科では、歩く座るなどの日常運動をする上で支障となる病気、つまり骨、関節、筋肉、神経などの整形外科疾患全般の治療を行っております。一つの疾患に対しても外来治療、手術、リハビリテーションと多方面からアプローチし、患者さまに満足していただける治療を心がけております。
    手術は変形性関節症に対する人工膝関節置換術および人工股関節置換術を行っており、病期の進行の程度に合わせて関節鏡を用いた鏡視下手術や、関節温存を目的とした骨切り術なども行っております。また高齢者の骨折などの外傷(ケガ)や、若年者のスポーツ障害などの治療も行っております。

    白鳥病院整形外科手術件数

変形性膝関節症とは?

治療は?

手術治療にはどのようなものがあるか?

膝関節鏡手術とは?

人工膝関節置換術とは?

to this page top


白鳥病院整形外科手術件数

年別表示(各年1~12月分)  
  平成24年 平成25年 平成26年  平成27年 平成28年 
膝関節   
  • 人工関節置換術
12
28
44
 39 36 
  人工関節再置換術  - -  -  -  1 
  • 膝関節靭帯再建手術
 1 1 
  • 関節鏡視下半月板手術(切除または縫合)
21
44
46
 25  19
  • その他
 1  7
股関節   
  • 人工関節置換術
18
 15 14
  • 人工関節再置換術
 2  -
  • 骨盤骨切り術・寛骨臼移動術
 1  2
  • その他
12
 4  -
大腿骨近位部骨折  
  • 人工骨頭挿入術
21
19
10
 11 18 
  • 骨接合術
27

40

31
 23  21
手の外科  
  • 手根管開放術
10
28
30
18  18 
  • 腱鞘切開術
58
52
61
 55  57
  • 腱損傷
 2  4
  • その他
13
 11  2
骨折に対する骨接合術  
  • 上肢
17
21
21
 29 29 
  • 下肢
15
20
26
 23  25
  • その他
26
 6  -
その他の手術   
  • その他の手術
29
33
22  32 
年間手術件数
238
296
351
288  286 

to this page top


  • 変形性膝関節症とは?
  • 膝関節を構成する大腿骨と脛骨の表面を覆っている軟骨層が経年的に磨り減り、軟骨層の下の骨が関節表面に露出してきます。動作時に骨同士が擦れ合い痛みが出現し、特に歩き始めや下り坂など膝に負担がかかる場合は痛みが増強します。病期が進行すると関節内に水が溜まったり、脚全体がO脚に変形する病気です。50歳以降から増えはじめ、女性の患者数は男性の患者数の1.5~2.0倍といわれており、特に65歳以上の女性の5人に1人は変形性膝関節症の症状を持っていると言われています。

  • 変形性膝関節症末期のレントゲン像


    治療は?

  • 基本的には保存治療が行われます。保存治療とは外来で行われる痛み止めの内服や湿布、ヒアルロン酸製剤の関節内注射、筋力強化などの運動療法があります。それらの保存的治療でも効果が無く膝痛が継続し日常生活に支障がでるような場合は、手術治療が行われます。
to this page top


手術治療にはどのようなものがあるか?

  • 手術方法の選択には痛みの場所や、膝の曲がり具合、脚全体の変形の程度、レントゲン、MRI(核磁気共鳴画像法)などを総合的に評価し決定します。手術治療にはおおまかに膝関節鏡手術および人工膝関節置換術があります。
to this page top


膝関節鏡手術とは?

  • 変形性膝関節症の初期の段階では軟骨の状態は比較的良好ですが、大腿骨と脛骨の間にクッションの役割である半月板が断裂する事が多いです。主に半月板損傷が原因の場合は、膝関節鏡手術を行っています。手術は膝関節前面に2~3か所、長さ5mmほどの穴を作成し、そこから膝関節内に関節鏡を挿入して損傷している半月板を部分的に切除する事により痛みを取り除きます。手術時間は30分前後で終了し、翌日より歩行可能で入院期間も3~5日程度と短期間です。


半月板損傷

部分半月板切除後
膝関節鏡の手術風景
to this page top


人工膝関節置換術とは?

  • 更に病期が進み軟骨が多く磨り減っている場合には、人工膝関節置換術が適応となります。痛んでいる大腿骨と脛骨の軟骨の表面を削り、関節の形状に合わせて金属を被せるものです。金属の間には軟骨の役目をする強化プラスチックを挟み込むことで、関節を曲げた際にも骨同士が擦れ合わず痛みがとれる仕組みです。痛んでいる部分が片側の関節の場合には人工膝単顆置換術を行っています。これは全置換術と異なり部分置換術のため、身体への侵襲が少なく術後の膝の曲がりも術前とほぼ同じくらい曲がり良好であります。手術時間は1.5時間前後で、翌日より立位・歩行訓練を開始し、入院は3週間前後の方が多いです。更に脚の変形が高度で痛んでいる部分が両側の関節の場合は人工膝関節全置換術を行っています。このように変形性膝関節症の程度に合わせて、患者さまに一番メリットがある方法で手術を行っております。
人工膝単顆置換術
人工膝関節全置換術

術後レントゲン

術中写真

術後レントゲン

術中写真
人工膝関節の手術風景

| 各科・部門のご案内へ | to this page top |