ページID:10344

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

令和元年度展示の実績

令和元年度の企画展示等の実績です。

10.「令和元年度火災予防ポスター優秀作品展」

「令和元年度火災予防ポスター優秀作品展」

(令和2年3月3日(火曜日)~3月15日(日曜日))
チラシ(PDF:289KB)は、こちらからご覧になれます。

春の全国火災予防運動の実施に際して、香川県内の小学生が描いた火災予防ポスター(応募総数2,709点)のうち、優秀作品として選出された計51点(香川県知事賞17点、香川県消防協会会長賞17点、香川県幼少年婦人防火委員会会長賞17点)の作品を展示しました。
火災が発生しやすい季節です。ぜひ、これらの作品を見ていただき、ご家庭での火災予防について考えていただきたいと思います。
(香川県危機管理課)

9.ポスター展「香川県森林センターだより」

ポスター展「香川県森林センターだより」

(令和2年2月12日(水曜日)~3月1日(日曜日))
チラシ(PDF:183KB)はこちらからご覧になれます。

香川県森林センターは昭和29年に林業指導所として設立以来、林業振興のため実用技術の開発と普及指導に努めています。
今回は、最近の森林・林業の試験研究や林業用種子の生産等についてポスター等でご紹介します。
(香川県森林センター)

8.「香川県環境配慮モデル認定制度」展

「香川県環境配慮モデル認定制度」展

(令和2年1月16日(木曜日)~2月9(日曜日))
チラシ(PDF:547KB)は、こちらからご覧になれます。

香川県では、環境に配慮した事業活動を推進するため、環境配慮の観点から他の模範となるリサイクル製品や環境負荷の低減に取り組む事業所を「モデル」として認定する「香川県環境配慮モデル認定制度」を設けています。対象は、環境負荷の低減の取組みにおいて、同業他社の模範になると判断される「環境配慮モデル事業所」と、廃棄物等を使用して、県内で製造加工され、販売されている「リサイクル製品」の2種類です。現在、モデル事業所は16事業所、リサイクル製品は、35製品を認定しています。
今回展示したのは、リサイクル製品の16製品になります。廃棄物を低減するための取組を知っていただき、循環型社会の形成に興味を持っていただければ幸いです。
(香川県環境政策課)

7.「第67回香川県統計グラフコンクール入賞作品展」

「第67回香川県統計グラフコンクール入賞作品展」

(令和元年12月24日(火曜日)~令和2年1月12日(日曜日))
(ただし、12月29日~1月3日は休館日です。)
チラシ(PDF:422KB)はこちらからご覧になれます。

香川県統計グラフコンクールは、統計知識の普及と統計の表現技術の向上に役立てるため、県内の小学生から一般の方々まで広く統計グラフを募集しているもので、昭和28年に第1回が実施されて以来、今回で67回目を迎えました。
今回展示したのは、県内75校から668点の応募をいただいたうちの、高松・三木地区の入賞作品23点です。
これらの作品を通して、統計が私達の生活に深いかかわりをもっていることを知っていただき、統計に興味と親しみを持たれるきっかけになれば幸いです。
(香川県統計調査課)

6.開館25周年記念企画展示「香川県の挑戦、昭和のビッグプロジェクト4-平成への推移と発展-」

開館25周年記念企画展示「香川県の挑戦、昭和のビッグプロジェクト4-平成への推移と発展-」

(令和元年10月29日(火曜日)~12月22日(日曜日))
(ただし、11月5日(火曜日)、11月25日~12月2日(資料整理期間)は休館日です。)
チラシ(PDF:1,820KB)はこちらからご覧になれます。

平成29年(2017年)4月から始まった「香川県の挑戦、昭和のビッグプロジェクト」は今回で4回目となります。3回目までは昭和30・40年代の高度経済成長期を中心とする番の州・香川用水・瀬戸大橋、昭和50・60年代の瀬戸大橋・四国横断自動車道・新高松空港の三大プロジェクトを取り上げました。
4回目の今回はさらに昭和期から平成期への推移と発展を見ます。現在、県の東西を結ぶ四国横断自動車道は、昭和期には一部開通でしたが、平成期には全線開通へと整備されて行きます。今回の展示では上記三大プロジェクトに国立医科大学を加えて、昭和期の大学誘致に関する公文書をはじめ、附属病院の設置など昭和期から平成期の整備がわかる行政資料を展示しました。

5.「まちかど生き物標本展」

「まちかど生き物標本展」

(令和元年10月3日(木曜日)~10月20日(日曜日))
チラシ(PDF:805KB)は、こちらからご覧になれます。

今回の標本展では、「生き物を見て・感じる」をテーマに、地域や環境によって色や形が変わる生き物の面白さを標本やパネルで紹介しました。
この標本展を通して、子どもたちには、香川の自然に興味を持ってもらい、中・高校生には、自然科学への関心を深めてもらうとともに、大人の方には、香川の豊かな自然を将来へつなぐことを考えていただくきっかけとなることを願っています。
(香川県みどり保全課)

4.「国営讃岐まんのう公園ポスター展」

「国営讃岐まんのう公園ポスター展」

(令和元年9月10日(火曜日)~9月29日(日曜日))
チラシ(PDF:761KB)は、こちらからご覧になれます。

四国で唯一の国営公園である「国営讃岐まんのう公園」では、四季折々の花々を鑑賞したり、芝生広場や遊具などで思いっきり体を動かしていただけるほか、各種の体験教室やイベントを開催し、県民の皆様に親しまれています。
今回のポスター展では、このような「国営讃岐まんのう公園」の魅力の一端をご紹介しました。
国営讃岐まんのう公園ホームページ(外部サイトへリンク)

3.開館25周年記念企画展「讃岐を治めたお殿様の手紙」

開館25周年記念企画展「讃岐を治めたお殿様の手紙」

(令和元年7月5日~9月8日)
チラシ(PDF:710KB)はこちらからご覧になれます。

<お知らせ>「展示解説」を行いました。
展示期間(7月5日~9月8日)の毎週水曜日の午前11時から、企画展「讃岐を治めたお殿様の手紙」の展示解説を当館1階展示室で行いました。(参加料、観覧料は無料)
チラシ(PDF:183KB)は、こちらからご覧になれます。

(展示内容)
香川県立文書館は、平成6年3月28日に開館し、今年で25周年を迎えました。それを記念して、25年の間に収集した12万点余りの古文書の中から、この讃岐の地を治めた藩主、すなわちお殿様の手紙を紹介しました。
立派な紙に大きな文字で書かれた手紙から、普段の用事や日々の思いを所狭しとつづった手紙まで、讃岐のお殿様たちの公私にわたる様々な姿が、それぞれの手紙の中にのぞき見えるかもしれません。

2.【出張展示】「丸亀市城乾コミュニティ、ふるさとの写真アーカイブズ展」

「丸亀市城乾コミュニティ、ふるさとの写真アーカイブズ展」

日時:令和元年6月2日(日曜日)10時15分~14時30分
6月4日(火曜日)~6月16日(日曜日)9時00分~17時00分
(6月10日は休館です。)

場所:丸亀市城乾コミュニティセンター
(丸亀市南条町34-28)

チラシ(PDF:500KB)は、こちらからご覧になれます。

香川県立文書館では、丸亀市の城乾コミュニティセンターにおいて出張展示を開催しました。
昭和40年代まで塩づくりが盛んであった丸亀市新浜町の塩田風景や、移りゆく丸亀の街の風景など、明治時代をはじめとした新旧の写真を49点展示しました。
写真アーカイブズにより、近代以降の地域の様子を知り、歴史を感じていただきました。

1.「学校のアーカイブズ2-小豆島高校・土庄高校・観音寺中央高校・三豊工業高校-」

「学校のアーカイブズ2-小豆島高校・土庄高校・観音寺中央高校・三豊工業高校-」

(平成31年3月22日~6月9日)
チラシ(PDF:447KB)はこちらからご覧になれます。

香川県では「県立高校の再編整備基本計画」に基づき、生徒数の継続的な減少や社会情勢の変化に的確に対応するため、県立高校の再編整備を進めてきました。これにより平成29年4月から小豆島高校と土庄高校が統合し小豆島中央高校に、観音寺中央高校と三豊工業高校が統合し観音寺総合高校となり、新たなスタートを切りました。
これに先立つ平成29年3月に閉校した、小豆島・土庄・観音寺中央・三豊工業の各高校より県立文書館が収集した資料を中心に展示を行いました。
展示された学校アーカイブズの数々から、卒業生や教職員、また地域の皆様には各校が歩んだ道のりをふりかえり、また懐かしんでいただくとともに、広く県民の皆様に香川県にこの4つの高等学校があったという、その証をご覧いただければ幸いです。

このページに関するお問い合わせ