ホーム > 組織から探す > 畜産課 > 家畜伝染病情報 > 高病原性鳥インフルエンザに関する情報の一覧 > 高病原性鳥インフルエンザに係る消毒ポイントの廃止について(三豊市)

ページID:21130

公開日:2021年1月28日

ここから本文です。

高病原性鳥インフルエンザに係る消毒ポイントの廃止について(三豊市)

県では、令和2(2020)年11月5日の三豊市内での高病原性鳥インフルエンザ発生以降、発生農場周辺への感染拡大を防止するため、消毒ポイントを設置してきました。この消毒ポイントは、令和3(2021)年1月16日の移動制限区域の解除後も、鳥インフルエンザの発生リスクが依然としてあることから、三豊市内の3箇所については、引き続き消毒ポイントを設置してきましたが、令和3(2021)年1月31日17時をもって、廃止することとしましたので、お知らせします。

消毒ポイントの廃止時期について(予定)

令和3(2021)年1月31日(日曜日)17時をもって、廃止する予定です。

消毒ポイントの廃止場所について(予定)

  • JA香川県神田出張所
  • JA香川県西地区安心サポートセンター
  • JA香川県高瀬支店

その他

  1. 日本の現状において、家きんの肉や卵を食べることにより、ヒトが鳥インフルエンザウイルスに感染する可能性はないと考えられています。
  2. 今後とも、鳥インフルエンザに係る迅速で正確な情報提供に努めますので、生産者等の関係者や消費者が根拠のない噂などにより混乱することがないよう、御協力をお願いいたします。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ