ページID:19576

公開日:2020年11月8日

ここから本文です。

第2回香川県鳥インフルエンザ対策本部会議

第2回香川県鳥インフルエンザ対策本部会議について

  • 日時 令和2(2020)年11月8日(日曜日)午前10時30分から
  • 場所 香川県庁12階 大会議室

議題

  1. 高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認について
  2. 防疫措置について

資料

1 高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認について

  • 家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例については、11月7日に東部家畜保健衛生所において検体を採取し、国の農研機構 動物衛生研究部門(つくば市)に検体を送り、遺伝子検査を行ったところ、本日、H5亜型であり、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜であることが確認されました。
  • 当該農場は、感染が疑われるとの報告があった時点から、飼養家きんの移動を自粛しています。なお、日本ではこれまで、家きん肉、家きん卵を食べることにより、人に感染した例は報告されていません。

1)農場の概要

  • 所在地:東かがわ市
  • 飼育状況:採卵鶏 飼育羽数 約4.8万羽

2)経緯

  1. 令和2(2020)年11月7日(土曜日)、当該農場管理者から東部家畜保健衛生所に「死亡羽数の増加」との連絡がありました。
  2. 同日、東部家畜保健衛生所が立入検査を行い、簡易検査を実施したところ、13羽中12羽(死亡鶏11羽中11羽、生存鶏2羽中1羽)の陽性を確認しました。
  3. 同日、東部家畜保健衛生所から国の農研機構 動物衛生研究部門(つくば市)に検体を送り、遺伝子検査を実施した結果、本日、H5亜型であり、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜であることが確認されました。

2 防疫措置について

本事例が疑似患畜と確認されましたので、以下の対応方針に基づき、初動防疫を開始しました。

  1. 「高病原性鳥インフルエンザ及び低病原性鳥インフルエンザに関する特定家畜伝染病防疫指針」(令和2年7月1日農林水産大臣公表)に基づき、当該農場及び疫学関連農場の飼養家きんのと殺及び埋却、移動制限区域の設定等の必要な防疫措置を開始します。
  2. 移動制限区域内の農場について、速やかに発生状況確認検査を開始しました。
  3. 感染拡大防止のため、発生農場周辺の消毒を強化し、主要道路に消毒ポイントを設置し畜産関係車両の消毒を開始します。

防疫措置の概要

発生農場

1 発生農場の概要

鶏種 採卵鶏
飼養羽数 約4.8万羽

2 家きん等処分方法

埋却処分

重量 153トン
必要日数 3日程度の見込み

3 発生農場の消毒(消石灰による緊急消毒)

敷地面積 7,000平方メートル
消石灰数 175袋(初動防疫用)

消毒ポイントの設置

設置場所名 接する道路の種類 住所
亀鶴公園 駐車場 県道279号 さぬき市長尾名1673-1
道の駅みろく 駐車場 県道10号 さぬき市大川町富田中3298-1
JA香川県福栄出張所 国道318号 東かがわ市西山354-7
うましの休憩所(道路横のスペース) 国道11号 東かがわ市馬篠13-1他

消毒ポイント設置場所

亀鶴公園 駐車場

Google Mapを見る(外部サイトへリンク)

道の駅みろく 駐車場

Google Mapを見る(外部サイトへリンク)

JA香川県福栄出張所

Google Mapを見る(外部サイトへリンク)

うましの休憩所(道路横のスペース)

Google Mapを見る(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ