ホーム > 組織から探す > 畜産課 > 家畜伝染病情報 > 高病原性鳥インフルエンザに関する情報の一覧 > 高病原性鳥インフルエンザの発生に係る埋却溝掘削作業の開始について(1例目:三豊市)

ページID:18666

公開日:2020年11月6日

ここから本文です。

高病原性鳥インフルエンザの発生に係る埋却溝掘削作業の開始について(1例目:三豊市)

高病原性鳥インフルエンザの発生に係る埋却溝掘削作業を開始したのでお知らせします。

1 埋却溝掘削作業の開始ついて

  • 埋却溝掘削開始 令和2年11月6日(金曜日)午前10時40分から
    ※埋却溝掘削、搬入、埋却の順で作業を行います。

埋却溝の概要

  • 場所:三豊市(発生農場隣接地)
  • 大きさ:幅 約8メートル、奥行 約72メートル、深さ 約4メートル(約1,728立方メートル)×2列

合計処理予定量

688トン

2 取材について

埋却地への取材は、本疾病のまん延を引き起こす恐れがあること、施設管理上等の観点からお控えいただくようお願いします。

3 今後の予定

埋却溝は、本日中に掘削完了の予定です。
11月7日(土曜日)の昼ごろから殺処分した鶏の搬入、埋却を行うこととしており、約10日間で埋却完了の見込みです。

4 その他

  1. 殺処分した鶏の保管、輸送、埋却に関する安全対策には万全を期して対応しております。
  2. 日本ではこれまで家きん肉、家きん卵を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染した事例は報告されていません。
  3. 今後とも、迅速で正確な情報提供に努めますので、生産者等の関係者や消費者は根拠のないうわさなどにより混乱することがないよう、御協力をお願いいたします。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ