ホーム > 組織から探す > 県立ミュージアム > 香川県立ミュージアム > 生誕110年明石朴景―物語を紡ぐ、漆の世界

ページID:26889

公開日:2021年9月28日

ここから本文です。

生誕110年 明石朴景(あかしぼっけい)―物語を紡ぐ、漆の世界

会期 令和3年 10月1日(金曜日)~10月24日(日曜日)10月2日(土曜日)、10月3日(日曜日)は臨時休館
開館時間 :9時~17時 *入館は閉館の30分前まで
休 館 日: 月曜日

会場

香川県立ミュージアム 常設展示室4・5
展示内容 明石朴景(1911-1992)は、高松市に生まれ、主に日展で活躍した香川を代表する漆芸家で、戦後香川の新進作家のグループ「うるみ会」結成に携わるほか、香川県美術展覧会(県展)審査員を歴任するなど、香川の美術工芸の発展に力を注ぎました。明石の生誕110年の節目にあたり、当館では初めて、収蔵する明石作品全21点を一堂に展示・紹介し、明石の活動の軌跡と漆芸作品をたどりながら、明石とその作品の魅力を伝えます。
展示点数 21点
観覧料 一般410円 / 団体(20名以上)330円 *特別展観覧券でも観覧可
*高校生以下の方、65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方は観覧料無料

 

関連行事

学芸講座

日時など

12月5日(日曜日)13時30分~15時

場所:県立ミュージアム講堂(地下1階)

定員:100名(申込順)
参加無料


※参加者多数の場合、受付を締め切らせていただく場合があります
※電話、ファックス、はがき、「かがわ電子自治体システム」でお申し込みください。

 

当館学芸員によるミュージアム・トーク

日時など

 10月9日(土曜日) 各日13時30分~

参加無料・申込不要

観覧券が必要です。

 

主な展示作品

《存清卯之花小屏風(ぞんせいうのはなしょうびょうぶ)》昭和26年(1951)
《夜を聞くレコードキャビネット》昭和33年(1958)
《瀬戸寂映(せとじゃくえい)》昭和54年(1979)
《山帰来文方盆(さんきらいもんほうぼん)》昭和55年(1980)
《乾漆飾壺(かんしつかざりつぼ)「薫風婉然(くんぷうえんぜん)」》昭和62年(1987)
《玉葱(たまねぎ)の唄》平成2年(1990)
《瀬戸魚曼荼羅(せとうおまんだら)》平成3年(1991) ほか

明石朴景《存清卯之花小屏風》
明石朴景《瀬戸寂映》
明石朴景《乾漆飾壺「薫風婉然」》撮影高橋章

 

このページに関するお問い合わせ